オトコノワダイ

オトコノワダイ〜30代男性が為になるブログ〜

30代の男性が知っておくべきワダイを発信しています。 日常で使用するものや話題になっている商品、情報を同世代の同性に向けて為になる情報を発信していきます。

【2020年/更新/完全保存版】初心者がワイヤレスイヤホンを購入する際にオススメすべき商品10選

f:id:otokonowadai:20200301171217j:plain

 

多種多様なワイヤレスイヤホンが発売されていますが初めて購入する方は何を購入したらいいかお悩みではありませんか。

 

特にワイヤレスイヤホンを持っていない方に関しては様々ある商品の中からどのように選べばいいのか基準が明確になっていないので自分に合うのかワイヤレスイヤホンを探すのは至難の技です。

 

その中で今回の内容としてはエントリーモデル【5000円以下】ワイヤレスイヤホンの10選を紹介していきます。

 

5000円以下ということでお求め易い価格帯なので初めてワイヤレスイヤホンを購入を考えている方は必見です。

  

今回の記事ではこのような方を対象に商品を紹介しております。

  • 初めてワイヤレスイヤホンを購入する方
  • 選び方はわからず基準が明確でない方
  • あまりお金はかけたくない方
  • 商品の特徴を簡単に理解したい

1つでも当てはまりましたらぜひ最後までご覧いただければと思います。

 

今回の内容はワイヤレスイヤホンの紹介だけでなく、様々な特徴を踏まえて他のワイヤレスイヤホンと比較して選ぶ際、どの点を比べたらいいのか選び方についても解説させていただきます。

 

そのため、この記事を見ることによって

  • ワイヤレスイヤホンの選ぶ基準がわかる
  • 他のワイヤレスイヤホン特徴を理解できる
  • 次にイヤホンを選ぶ際の知識を身につけることができる

以上となっております。

 

ここまで自信を持って紹介できる理由として私自身イヤホンの販売に仕事を6年しております。

 

イヤホン販売のプロとしてそれぞれの好みに合ったものを紹介できると思いますのでご期待下さい。

 

 

ワイヤレスイヤホンを選ぶ上で選ぶポイント

f:id:otokonowadai:20200322213515j:plain

 

イコライザー(EQ)

 ※低音、中音、高音のバランスを調整できる機能 

 

・IPX5

 ※IPXとは防水できるかできないかを表記している言葉

          

・コーデック

 ※音声をデータを圧縮して伝送する方法の事で遅延や音質に関わってくる

        

Bluetoothバージョン

 ※バージョンの違いは通信速度や通信範囲、消費バッテリーに影響

         

        【用語説明】 詳しくはこちら ↓ 

 

www.otokonowadai.com

 

 ワイヤレスイヤホンを選ぶ基準

一番の疑問だと思いますが何を基準に購入するか?

 

ですが当ブログは5000円以下のエントリーモデルでは以下の4つを基準に選考しました。

音質

f:id:otokonowadai:20200322214018j:plain

 

5000円以下のワイヤレスイヤホンはコーデックAACがついているか、aptxがついているか)、Bluetoothのバージョン(4.0~5.1)を確認しましょう。

 

・コーデックの種類 

コーデックの種類を紹介します。

 

SBC・・・最近発売されているBTイヤホンにはこちらのコーデックが基本的についています。SBCを標準の音質と当ブログでは定めます。A2DP(高品質で音楽データをやり取りするための規格)対応のワイヤレス製品全てがSBCに対応しています。

 

AAC・・・SBCコーデックより遅延が少なく高音質です。iPhoneで主に対応しているコーデックです。

 

aptX・・・SBC、AACより遅延が少ないです。CD音源相当の高音質です。Androidで主に対応しているコーデックです。

 

aptX HD・・・ハイレゾ相当の高音質再生が可能です。Androidで主に対応しているコーデックです。

 

まとめ・・・SBCコーデックだけでも最近のBTイヤホンは高音質になっております。

 

iPhoneユーザーはAAC,AndroidユーザーはaptX,aptX HDを選ぶとより高音質になります。

 

自分のお持ちのデバイスがどのコーデックに対応しているか確認しましょう。

 

Bluetoothのバージョン

ワイヤレスイヤホンは近距離の無線方式「Bluetooth」を使用しています。

 

Bluetoothを使うことによってイヤホンと音楽デバイスを無線でつなぐことが可能となりました。

 

これまで数々の改良がされて2019年でバージョン5.1が出ております。

 

今回紹介するイヤホンは5.0をメインに選定していますが、連続再生時間や混雑している場所で電波が途切れやすいかに関わってきますので最新に近いバージョンを選ぶようにする方がお勧めです。

連続再生時間

f:id:otokonowadai:20200322214207j:plain

 

4時間以上あれば問題なく使えます。自分の使用頻度によって選ぶようにしましょう。

 

日々の充電がめんどくさいなぁと感じる人は左右独立型ワイヤレスイヤホンをお勧めします。

 

ケースに入れているだけで充電できますので手間がかかりません。

 

私自身1日、2~3時間完全ワイヤレスイヤホンを使用してますが1週間に1度だけの充電でOKなのです。

 

装着感

f:id:otokonowadai:20200322214354j:plain

 

カナル型かインナー型かを確認しましょう。

 

カナル型

f:id:otokonowadai:20150315181008j:plain

耳栓のような形状をしており、遮音性が高くフィット感があります。

 

音がクリアにダイナミックに聞こえます。音楽に集中したい方やランニング等で使用する方にお勧めです。

 

インナー型

f:id:otokonowadai:20200314170033j:plain

主にiPhone純正タイプがこの型です。カナル型に比べ本体のサイズが大きい為、振動板も大きなモノを使用できます。

 

したがって、ワイドレンジでスケール感のあるサウンドが聴けます。装着感が爽快ですので長時間の使用にも向いております。

 

見た目(デザイン)

f:id:otokonowadai:20200322214607j:plain

 

最近ではイヤホンをファッションの一部で浸透してますので気に入ったのを選びましょう。

 

5000円以下のワイヤレスイヤホンの10選の紹介

SONY WI-C310 ワイヤレスイヤホン

SONYの良さが5000円以下で作られた最高のコスパイヤホンです。

 

特に5000円以下のワイヤレスイヤホン音質の良さは度肝を抜き、全ジャンルの音楽と相性がいいです。

 

連続再生時間15時間も大きな武器です。2020年もワイヤレスイヤホンの中で主役は譲らないでしょう。

 

この商品の紹介記事はこちら↓↓

www.otokonowadai.com

 

オーディオテクニカ ATH-CK150BT ワイヤレスイヤホン

中堅メーカー「オーテク」のエントリーモデルです。何といっても価格が安く、これからワイヤレスイヤホンの購入を検討中の方におススメです。

 

カラーバリエーション豊かな6色に加え、最小限のコンパクトなサイズで装着して疲れにくい設計です。長時間使う方や耳の小さな方にお勧めしたい商品です。

 

この商品の紹介記事はこちら↓↓

www.otokonowadai.com

オーディオテクニカ ATH-C200BT ワイヤレスイヤホン

先に紹介しましたATH-CK150BTより一つ上の上位モデルになります。

 

重低音に強く、抜け感もいいのでクラブミュージックやロックを聴く方におススメします。

 

また、周囲の音が聞き取りやすく密着度の高いイヤホンになってます。

 

この商品の紹介記事はこちら↓↓

www.otokonowadai.com

 

JVC HA-FX101BT ワイヤレスイヤホン

重低音に特化したイヤホンができて復活したイヤホンの老舗JVCです。

 

5000円以下では考えられない忠実かつクリアなサウンドを実現します。

 

エルゴノミックアングルフォルムで安定した装着感を楽しむことができます。

 

この商品の紹介記事はこちら↓↓

www.otokonowadai.com

 

Tao Tronics TT-BH072 ワイヤレスイヤホン

新鋭メーカーの「タオトロニクス」です。ブルートゥースイヤホンの先駆けメーカーで抜群の開発力とコスパの良いワイヤレスイヤホンを数々作っております。

 

その中でもこちらのイヤホンはコーデック(aptx-HD搭載)、連続再生時間(13時間)イコライザー機能搭載とコスパがよく、大変おすすめしたい商品です。

 

 

この商品の紹介記事はこちら↓↓

www.otokonowadai.com

 

KYOKA A1S3EJHe トゥルーワイヤレスイヤホン

こちらも新鋭メーカーで楽天でめちゃめちゃ売れている商品です。

 

最大の特徴は5000円以下でノイズキャンセリング機能がついているところです。

しかも最新のVersion 最新Bluetooth 5.1搭載してます。

 

最先端の技術で音楽を聴きたい方にお勧めです。

 

この商品の紹介記事はこちら↓↓

www.otokonowadai.com

 

たのしいかいしゃ TA-CI01TW トゥルーワイヤレスイヤホン

2020年2月に発売された認知度の低いトゥルーワイヤレスです。

 

しかし、極端に途切れにくいので途切れるイライラが解消されます。

 

カラーも4色と色鮮やかなのでファッションにも映える商品です。

 

この商品の紹介記事はこちら↓↓

www.otokonowadai.com

 

JPRiDE  TWS-520 トゥルーワイヤレスイヤホン

最大の特徴はデザインが優れているところです。

 

国際的なデザインアワードで有名な red dot Awardを受賞しています。

 

また、安心の購入後30日は返品可能ですので音質で合わない場合は安心ですね。

 

自信を持ってお勧めできる商品です。

 

この商品の紹介記事はこちら↓↓

www.otokonowadai.com

 

OKIMO TWS-P10S トゥルーワイヤレスイヤホン

AMAZONでめちゃめちゃ売れている商品です。

 

最大の特徴は3500mAhと超大容量という収納ケースにバッテリーがついており、イヤホンの充電のみならず、スマホも充電ができる優れものです。

 

スマホやイヤホンをよく使う方におススメします。

 

 この商品の紹介記事はこちら↓↓

www.otokonowadai.com

 

Anker Soundcore Life P2 トゥルーワイヤレスイヤホン

モバイルバッテリーで有名なメーカーがトゥルーワイヤレスを発売しました。

 

ノイズキャンセリング機能、ビームフォーミング機能がついており、音楽のみならず通話もクリアに聞くことができます。

 

オールラウンドに性能がいいので万人受けするイヤホンです。

 

この商品の紹介記事はこちら↓↓

www.otokonowadai.com

 

 最後に

f:id:otokonowadai:20200322214807j:plain

 

今回は初めてワイヤレスイヤホンを購入する際に検討すべき商品を10種類紹介させていただきました。

 

どういう点に注目してワイヤレスイアホンを選べばいいか参考になれば幸いです。

 

ワイヤレスイヤホンは非常にいい製品がどんどん作られていますので随時いい商品が発売されましたら更新をしていきます。

 

【OKIMO TWS-P10Sの紹介】AMAZONでめちゃ売れてる!長時間バッテリー搭載!5000円以下で購入できるおすすめトゥルーワイヤレスイヤホン紹介

f:id:otokonowadai:20200328170036j:plain

今回の内容に関しましてはOKIMO TWS-P10Sの商品紹介をさせていただきます。

 

最大の特徴はケース充電が3500mALもあり、モバイルバッテリーとしても使える2刀流のトゥルーワイヤレスイヤホンです。

 

その大きな特徴としては3点あり

  • スマホの充電としても使えるモバイルバッテリー兼用型
  • 最大125時間のケース充電搭載(イヤホン充電のみの場合)
  • 充電残量が見えるLEDディスプレイ搭載

 

特に充電残量が見えるディスプレイは優秀ですね。

 

充電切れになる前に準備ができます。

 

またモバイルバッテリーとの兼用できるのは非常時に使えますね。売れている理由はこのあたりでしょうか。

 

今回の記事ではOKIMOの「TWS-P10S」の特徴を踏まえて他のワイヤレスイヤホンとどの点を比べて何が優れて何が劣っているのかについても解説させていただきます。

 

この記事で得られる内容としては

  • TWS-P10S」のメリット、デメリットを理解できる
  • 他と比べた際に優れている点、劣っている点がわかる
  • 次にイヤホンを選ぶ際の知識を身につけることができる

以上となっております。

 

それでは早速詳しく紹介していきます。

 

トゥルーワイヤレス

 

f:id:otokonowadai:20200328170036j:plain

メリットその1 3500mAlのモバイルバッテリーとして使える

f:id:otokonowadai:20200328171910j:plain

 

 数あるトゥルーワイヤレスイヤホンの中でもモバイルバッテリーとして使えるのはなかなか無いのではないでしょうか。

 

緊急時や非常時にもスマホを充電できるのは助かります。

 

またLEDディスプレイでバッテリー残量が確認できるところは他にはない優れている点です。

 

メリットその2 Hi-Fi高音質&最新Bluetooth5.0+EDR搭載

f:id:otokonowadai:20200328172016j:plain

 

ダイナミック型のドライバー+金属板フィルム振動板を採用しており、低音から高音までバランス良く出ます。解像度も高くキレ感が気持ち良いイヤホンです。

 

最先端Bluetooth 5.0+EDRが搭載されたワイヤレスイヤホンで、信号が強くなり、10m長めの伝送距離iosandroidに対応可能。

 

さらに、データ伝送速度が速くなったことにより、遅延やノイズが減ります。

 

メリットその3 IPX7完全防水搭載

 

 

 

f:id:otokonowadai:20200328172420j:plain





IPX7を搭載しておりますので水には強いです。
 
こちらの規格を簡単に説明しますとスポーツでの汗がついても壊れない、しまいにはプールや海での水深1m以下もへっちゃらということです。
 
お風呂でも使えますね。
 
 

 

 

購入する上で理解すべき「TWS-P10S」のイケてない点

 

強いて挙げるとするならば

  • 収納ケースが重い
  • 単色のみという点
  • ごつごつしたフォルム

などが挙げられます。

 

他と比べた場合のデメリットになるので、完璧な商品はないということだけ念頭においてください。 

OKIMO TWS-P10Sのスペック
 

簡単に商品のスペックを紹介をしていきます。

 

 

メーカー型番 TWS-P10S
Bluetoothバージョン 5.0+EDR
Bluetoothの接続距離 10M
イヤホンサイズ 24×18×22mm
充電ケースのサイズ 81×54.5×27.1mm
対応コーデック AAC
イヤホンの重量 4g
電源持続時間 125時間
再生持続時間 3時間
ケース電量容量 3500mAh
防水仕様 IPX7
   

OKIMO TWS-P10Sの評価

 

f:id:otokonowadai:20200314160315j:plain

 

※評価基準:☆〜☆☆☆☆☆(1〜5個で評価)

☆:人におすすめできないレベル

☆☆:人によって気にしなければいけるレベル

☆☆☆:標準。一般的な5000円以下のワイヤレスイヤホンレベル

☆☆☆☆:一般的なレベルを上回りオススメできるレベル

☆☆☆☆☆:かなりおすすめ。5000円以下で買えるレベルではないレベル

 

音質(高音)…☆☆☆☆☆

音質(低音)…☆☆

デザイン…☆☆

連続再生…☆☆

フィット感…☆☆☆☆

総合評価…☆☆☆☆

 

・サイト上での評価

 

価格.comでの評価はありませんでしたので省略させていただきます。

 

AMAZONでの評価になります。

f:id:otokonowadai:20200329115444p:plain


カスタマーレビューでは星5つ中、4.1でした。

 

 

ほとんどが星5なので高評価も多いです。

OKIMO TWS-P10Sのまとめ

f:id:otokonowadai:20200314155936j:plain

今回5000円以下で購入できるおすすめのワイヤレスイヤホンということでOKIMO TWS-P10Sを紹介させていただきました。

 

特徴として超大容量バッテリー搭載です

 

その為、スマホをよく使う方、イヤホンを長時間使う方にお勧めしたいイヤホンです。

 

【Anker Soundcore Life P2】イヤホン界のオールラウンダー!5000円以下のオススメイヤホン

f:id:otokonowadai:20200326122359j:plain 

今回の内容に関しましてはAnker Soundcore Life P2の商品紹介をさせていただきます。

 

最大の特徴としては重低音の音質がパワフルでクリアかつキレがあり非常に優れている点です。

 

大きな特徴としては4点あり

  • クリアな音声通話
  • 最大40時間の長時間再生
  • IPX7の防水性能
  • 使用の手軽さ

特に音声通話のクリアさ他の5000円以下のワイヤレスイヤホンと比べても非常に優れているのが大きなポイントになります。

 

その為、初めてワイヤレスイヤホンの購入を考えている方は検討リストに入れるべき商品となっております。

 

今回の記事ではJVCの「Anker Soundcore Life P2」の特徴を踏まえて他のワイヤレスイヤホンとどの点を比べて何が優れて何が劣っているのかについても解説させていただきます。

 

この記事で得られる内容としては

  • 「Anker Soundcore Life P2」のメリット、デメリットを理解できる
  • 他と比べた際に優れている点、劣っている点がわかる
  • 次にイヤホンを選ぶ際の知識を身につけることができる

以上となっております。

 

それでは早速詳しく紹介していきます。

 

 

 

  

【メリットその1】クリアな音声通話

f:id:otokonowadai:20200327111655j:plain

 

 cVc8.0ノイズキャンセリングビームフォーミング

 

搭載したマイクによりクリアな通話が可能になりました。

 

スマホで電話を掛ける時に、ずっと手にスマホを持って話していると

 

他の用事が出来ない事。車を運転中にはスマホを手に持って電話をすることは

 

禁じられているなど多くの場合でハンズフリーは重要視されている中で

 

クリアな音声通話ができるイヤホンは非常に皆さんの

 

生活に役立つアイテムではないかと思います。

  

ノイズキャンセリング

 イヤホンやヘッドセット、ハンズフリー機器などを使って電話をする際に、

 あなたの周囲の雑音を相手に伝えないようにする機能

  

※ビームフォーミング:

 iPhoneWi-Fiスピードを高速化する技術

 

【メリットその2】 最大40時間の長時間再生

f:id:otokonowadai:20200327112951p:plain

イヤホン本体が満充電の状態で最大7時間、

 

付属の充電ケースを合わせて使うと、最大40時間の音楽再生が可能です。

 

10分間の充電で約1時間分の音楽再生が可能になりました。

(※再生可能時間は、音量、再生する内容、使用環境によって異なります)。 

 

【メリットその3】IPX7の防水性能  

f:id:otokonowadai:20200326113227j:plain

 

IPX7防水規格に対応し、ランニング中の突然の⾬などの⽔も防ぐことができ、

 

天候やシーンを選ばず⾳楽を楽しめます。

 

大体のワイヤレスイヤホンはIPX5までの機種が多いですが、

 

このAnker Soundcore Life P2はある程度の深さの

 

水の中に落としても大丈夫な機能性があります。

 

f:id:otokonowadai:20191029070618j:plain

【メリットその4】使用の手軽さ

 

充電ケースからワイヤレスイヤホンを取り出しただけで、

 

最後にペアリングされていた機器と自動リンクするため、

 

簡単に気軽に使用できる。

 

毎回Bluetoothをつなぐのが大変だからと思って

 

ワイヤレスを避けている人も多いと思います。

 

しかし、そんなこたりません。

 

簡単に接続できるようになっているので是非試してみてほしいです。

 

【簡単な製品仕様】

 

再生時間 最⼤7時間(イヤホン本体のみ) / 最⼤40時間(充電ケース使⽤時)
充電端子 USB Type-C
重量 約62g(充電ケース含む)
防水規格 IPX7
Bluetooth規格 5.0
Bluetoothプロファイル A2DP, AVRCP, HFP
対応コーデック SBC / AAC / aptX
製品型番 A3919011 (ブラック)

 

 

 

【Anker Soundcore Life P2の評価】

※評価基準:☆〜☆☆☆☆☆(1〜5個で評価)

☆:人におすすめできないレベル

☆☆:人によって気にしなければいけるレベル

☆☆☆:標準。一般的な5000円以下のワイヤレスイヤホンレベル

☆☆☆☆:一般的なレベルを上回りオススメできるレベル

☆☆☆☆☆:かなりおすすめ。5000円以下で買えるレベルではないレベル

 

音質(高音)…☆☆☆☆

音質(低音)…☆☆☆☆☆

デザイン…☆☆☆☆☆

連続再生…☆☆☆☆☆

フィット感…☆☆☆☆

総合評価…☆☆☆☆☆

 

その他のサイトでの評価になります。

 

価格.comでの評価になります。

 

f:id:otokonowadai:20200329114919p:plain

 まだ、あまり評価は集まっていない状況です。

 

Amazonでの評価になります。

 

f:id:otokonowadai:20200329115032p:plain

 

カスタマーレビューは星5つ中4という結果でした。

 

価格.comとは違い評価の数も多いのが特徴です。

~最後に~

ここまで紹介してきましたが最後に簡単にまとめると

 

簡単に使用でき、音楽はもちろん通話にも最適!長時間使用可能の最強防水

 

完全ワイヤレスイヤホンです。

 

5000円以下のこのオールラウンダーなイヤホンは他にありません。

 

悩まれている方、何を買っていいかわからない方に是非ともオススメです。 

 

【JPRiDE TWS-520】デザイン性に特化した!5000円以下ワイヤレスイヤホン!

f:id:otokonowadai:20200329120529j:plain


 

 

今回の内容に関しましてはJPRiDE TWS-520の商品紹介をさせていただきます。

 

最大の特徴としては重低音の音質がパワフルでクリアかつキレがあり非常に優れている点です。

 

大きな特徴としては4点あり

  • カリスマ的デザイン
  • 実用性のあるバッテリー機能
  • 有名ブランドに負けないクオリティの音質
  • 安心サポート付き

 

特にカリスマ性のデザイン性他の5000円以下のワイヤレスイヤホンと比べても非常に優れているのが大きなポイントになります。

 

その為、初めてワイヤレスイヤホンの購入を考えている方は検討リストに入れるべき商品となっております。

 

今回の記事では「JPRiDE TWS-520」の特徴を踏まえて他のワイヤレスイヤホンとどの点を比べて何が優れて何が劣っているのかについても解説させていただきます。

 

この記事で得られる内容としては

  • 「JPRiDE TWS-520」のメリット、デメリットを理解できる
  • 他と比べた際に優れている点、劣っている点がわかる
  • 次にイヤホンを選ぶ際の知識を身につけることができる

以上となっております。

 

それでは早速詳しく紹介していきます。

 

 

 【オススメ1】カリスマ的なデザイン性

 

 

f:id:otokonowadai:20200328234457j:plain

 国際的デザインアワードとして有名なred dot Awardを受賞しているほど、

 

デザインにこだわっています。

 

ドイツエッセンのDesign Zentrum Nordrhein Westfalen(ノルトライン=ヴェストファーレンデザインセンター)が主催する国際的なプロダクトデザインである。プロダクトデザイン、デザインエージェンシー、デザインコンセプトのジャンルにおいて賞が存在する。

 

【オススメ2】実用性のあるバッテリー機能

 

f:id:otokonowadai:20200328234100j:plain

TWS-520」は1回のフル充電で約6.5時間の連続再生が可能です。

 

充電ケースを併用すれば約20時間もの再生が可能になる点。

 

さらに急速充電機能が搭載されていることがメリットです。

 

わずか15分の充電で約60分も使えるようになるのでいざという時に大助かりです。

 

オオスメ3有名ブランド負けないクオリティの音質

  

f:id:otokonowadai:20200328235117j:plain

音の良質さはJPRiDE音響エンジニアによるサウンドチューニングの素晴らしさが最たる要因なんだ言われています。

 

こういったところで他のイヤホンとの差別化を狙っているのではないかと思います。

 

【オススメ4】安心サポート付き

f:id:otokonowadai:20200329000431j:plain

 

5000円以下のイヤホンでこの安心サポートがつくのは非常に有難いサービス

 

購入後30日は返品可能

 

・付属品1年保証

 

買った後に思ったのと違うなとしても返品できる商品は

 

買うハードルとして非常に下がるので試しに買ってみるのもいいかもしれません。

 

【製品概要】

 

サイズ : イヤホン(片耳)H40×W25×D25mm

      充電ケース   H54×W48×D26mm

 

 重量 : イヤホン(片耳)約5g

      充電ケース   約37g

 

充電用ポート : micro USB

 

Bluetooth規格 : Ver.5.0

 

有効接続距離 : 10m

 

マルチペアリング : 8台

 

連続再生時間 : 6.5時間(充電ケースで約20時間)

 

対応コーデック : SBC・AAC

 

防水規格 : IPX5

 

【JPRiDE TWS-520の評価】

 ※評価基準:☆〜☆☆☆☆☆(1〜5個で評価)

☆:人におすすめできないレベル

☆☆:人によって気にしなければいけるレベル

☆☆☆:標準。一般的な5000円以下のワイヤレスイヤホンレベル

☆☆☆☆:一般的なレベルを上回りオススメできるレベル

☆☆☆☆☆:かなりおすすめ。5000円以下で買えるレベルではないレベル

 

音質(高音)…☆☆☆☆

音質(低音)…☆☆

デザイン…☆☆☆☆☆

連続再生…☆☆☆☆

フィット感…☆☆☆

総合評価…☆☆☆☆

 

その他のサイトでの評価です。

 

価格.comの評価はなかったので省略させていただきます。

 

Amazonでの評価になります。

 

f:id:otokonowadai:20200329112800p:plain

カスタマーレビューでは星5つ中、4.2という高評価でした。

 

評価の数も3843と非常に多く信憑性も非常に高そうです。 

 

~最後に~

とてもデザイン性に優れており、高音質。

 

そしてなにより安心サポートがしっかりしているところが最大のメリットになります。

 

一旦買ってお試しできる強みはあると思います。

 

是非、あなたのイヤホン購入の候補の一つにして頂けたら幸いです。

 

 

 

【KYOKA A1S3EJHe】楽天でめちゃめちゃ売れてる!!5000円以下完全ワイヤレスイヤホン!

f:id:otokonowadai:20200326123529j:plain

今回の内容に関しましてはKYOKA A1S3EJHeの商品紹介をさせていただきます。

 

最大の特徴としては重低音の音質がパワフルでクリアかつキレがあり非常に優れている点です。

 

大きな特徴としては4点あり

 ●Hi-Fi高音質

 ●自動ペアリング

 ●防水機能IPX7

 ●LEDディスプレイで残りバッテリーわかる

 

特に自動ペアリング他の5000円以下のワイヤレスイヤホンと比べても非常に優れているのが大きなポイントになります。

 

その為、初めてワイヤレスイヤホンの購入を考えている方は検討リストに入れるべき商品となっております。

 

今回の記事ではJVCの「KYOKA A1S3EJHe」の特徴を踏まえて他のワイヤレスイヤホンとどの点を比べて何が優れて何が劣っているのかについても解説させていただきます。

 

この記事で得られる内容としては

  • 「KYOKA A1S3EJHe」のメリット、デメリットを理解できる
  • 他と比べた際に優れている点、劣っている点がわかる
  • 次にイヤホンを選ぶ際の知識を身につけることができる

以上となっております。

 

それでは早速詳しく紹介していきます。

 

 

 

【メリットその1】 Hi-Fi高音質

 f:id:otokonowadai:20200328220634j:plain  

Hi-Fi(ハイファイ)とは、字義的には、High Fidelity(高忠実度、高再現性)の略語であり、音響機器などにおいて「原音や原画に忠実な再現」という意味を持つ。

 

また、録音録画し再生する場合に発生するノイズひずみが、最小限に抑えられているといった事をいいます

 

メリットその2】自動ペアリング

 

完全ワイヤレスイヤホンは接続が面倒であったり時間差があり使いにくいという方が多いと思います。

 

しかし、KYOKA A1S3EJHeの場合は蓋を開けると自動接続とう画期的なペアリング。

 

 

  【メリットその3】 防水機能IPX7

f:id:otokonowadai:20200328224538j:plain

IPX7防水規格に対応し、ランニング中の突然の⾬などの⽔も防ぐことができ、天候やシーンを選ばず⾳楽を楽しめます。

 

大体のワイヤレスイヤホンはIPX5までの機種が多いですが、このKYOKA A1S3EJHeは、ある程度の深さの水に落としても大丈夫な機能性があります。

 

 【メリットその4】ディスプレイで残バッテリーわかる

f:id:otokonowadai:20200328225701j:plain

完全ワイヤレスイヤホンの場合、しっかり後どのくらい使用できるかがわかることはメリットになると思います。

 

こういう気配りありがたいですね。

 

 

【その他の機能】 

 

f:id:otokonowadai:20200328230236j:plain

f:id:otokonowadai:20200328230300j:plain

 

f:id:otokonowadai:20200328230326j:plain

 

 

 

【簡単な商品概要】

 f:id:otokonowadai:20200328225335j:plain 

 

【KYOKA A1S3EJHeの評価】

 ※評価基準:☆〜☆☆☆☆☆(1〜5個で評価)

☆:人におすすめできないレベル

☆☆:人によって気にしなければいけるレベル

☆☆☆:標準。一般的な5000円以下のワイヤレスイヤホンレベル

☆☆☆☆:一般的なレベルを上回りオススメできるレベル

☆☆☆☆☆:かなりおすすめ。5000円以下で買えるレベルではないレベル

 

 

音質(高音)…☆☆☆☆☆

音質(低音)…☆☆

デザイン…☆☆☆

連続再生…☆☆☆☆

フィット感…☆☆☆

総合評価…☆☆☆☆

 

 

 

 

 その他のサイトでの評価になります。

 

価格.comでの評価はなかったので省略させていただきます。

 

Amazonでの評価になります。

 

f:id:otokonowadai:20200329111815p:plain

カスタマーレビューは星5つ中、4.2と高評価でした。

 

評価の数も286なので評価の信頼性も高いです。
 

~最後に~

しっかりした防水機能・高音質音質・バッテリー残表示の心使い・

 

他にはない自動ペアリングスピード!! 

 

楽天でも売り上げとして1位をたたき出しているイヤホンでもあります。

 

是非、あなたの候補の1つにして頂けたら幸いです。

イヤホン初心者必見【用語特集】

f:id:otokonowadai:20200329110137j:plain



 

 

イヤホンを選ぶ上で意味が分からない言葉が並んでいてどれでもいいやと諦めたことはないでしょうか?

 

今回はそんな方に対象にイヤホンの【用語特集】をご紹介していきます。

 

 

イコライザー(EQ)】 

 

低音、中音、高音のバランスを調整できる機能である。 

 

●自分が好きな音楽のジャンルによってイコライザーを設定することで

 よりよい音楽を楽しむことができる。

 

~例~

 ヘビー:低域と高域を強調した迫力のある音質
 

 ポップス:中域を強調したボーカルなどに適した音質
 

 ジャズ:メリハリのある低域と高域を強調した音質
 

 ベース:低域を強調して、ベースやドラムのリズムを重視する音質

 

 ※設定が難しい場合があります。設定はまた次回ご紹介します。

 

 

【コーデック】

Bluetoothで音声データを送る時そのままではデータ量が多いので

データを圧縮して伝送する際のタイプの事。

 

●音声を圧縮する方式の名前で主に遅延音質に関わっくる。

 

●種類

f:id:otokonowadai:20200326101002j:plain

 

【IPX5】

 

●防水機能の強度さを表している

 

 ●IDX5あれば普段使用する際に、問題なく使える  

 

 

Bluetooth バージョン 】

 

●バージョンの違いは通信速度通信範囲消費電力などに影響

 

Bluetoothは1999年にバージョン1.0が発表されて以降、現在の最新のバージョン

 5.0まで更新されている

 

f:id:otokonowadai:20200326103100j:plain

 

 

【最後に】

またわからない言葉や用語がでてきたらたら更新していきます。

 

用語がわかるとイヤホン選びが楽しくなると思いますのでイヤホン探しのお手伝いができればと思っています。

 

今後とも宜しくお願い致します。

 

【Tao Tronics TT-BH07紹介】5000円以下コスパ最強ワイヤレスイヤホン

f:id:otokonowadai:20200307192154j:plain

Tao Tronics TT-BH07

今のワイヤレスイヤホン市場としては多種多様な種類の商品が昨今発売されていますが、何を購入する迷ってしまうことはありませんでしょうか。

 

特にまだワイヤレスイヤホンを持っていない方に関しては様々ある商品の中からどのように選べばいいのか基準が明確になっていないのでどれが自分に合うのか探すのは至難の技です。

 

いろいろなイヤホンを紹介していきます。

 

今回の内容に関しましては

Tao Tronics TT-BH07の紹介をさせていただきます。 

 

【オススメ】としては

  • シンプルでで優れたフィット感
  • 高音質のサウンド
  • 防水機能の充実さ
  • 再生時間の長さ

 

電化製品は安かろう悪かろう!というイメージが非常に強いと思いますが、その中でも5000円以下でも満足してもらえると思います。

 

 

【オススメ1】シンプルでで優れたフィット感

 

f:id:otokonowadai:20200326110635j:plain

無駄のないシンプルなデザインをしたワイヤレスイヤホンです。

 

左右のイヤホンは非常にコンパクトで運動しながらでもしっかり使用できます。

 

カナル型と呼ばれるイヤホンの形状をしていて、さらに柔らかいウィングチップが装着できるようになっている

 

f:id:otokonowadai:20200326111505j:plain

後ほど詳しく紹介しますが防水機能付きなので雨の中のランニングにも使用できます。

 

【オススメ2】高音質なサウンド

 

f:id:otokonowadai:20200326112730j:plain

5000円以内のクオリティではない程の高音質なサウンドに正直驚きました。

 

余計な音がしっかりカットされており、シャカシャカ!?ガサガサ?というような余計な音がありません。

 

そして、イコライザー機能が搭載されています。

 

Normal、Bass、Trebreの全3種類でこの中から自分の好きなジャンルや音楽に合わせて音質を変更できます。

 

●Normal(ノーマル)モード:クリアで見通しのよい高音と豊かな低音のバランスがよく比較的幅広いジャンルの音楽 にも合わせやすいチューニング

 

●Bass(ベース)モード:低音の量感がアップし、音の迫力が向上。臨場感が必要な映画鑑賞や特に気分を盛り上げた い時などに最適なチューニング

 

●Treble(トレブル)モード:低音の量感が抑えられ、高音のクリアさがアップ。落ち着いた女性ボーカルの楽曲などは その声の伸びやかさがアップし、音楽に浸りたい時などには最適なチューニング

 

オオスメ3防水機能の充実さ IPX5

 

f:id:otokonowadai:20200326113227j:plain

IPX5というふうに書いていますが防水機能の強度を示しています。

 

IPX5であれば下記のとおりですが、ランニング時の雨の中でも使用できる強度があります。

 

5000円以下でもすぐ壊れたりするのは嫌だと思います。どんな状況でも使用がしやすく、しっかり使えるイヤホンは非常にオススメです。

 

f:id:otokonowadai:20191029070618j:plain

【オススメ4】再生時間の長さ

正直、iPhoneスマートフォンでも感じることがあると思いますが、すぐ充電がなくなると嫌になるこはありませんか?

 

Tao Tronics TT-BH072は再生時間が13時間あります。

 

ワイヤレスイヤホンの中で比較的長く使用できます。

 

朝の通勤時間から家に帰るまで流しっぱなしでも充電が切れないのは非常におススメです。

  

【簡単な製品仕様】

 

ブランド名 : TaoTronics (タオトロニクス)

 

モデル名 : イコライザー機能搭載ワイヤレスイヤホン “TT-BH072”

 

Bluetooth バーション : Bluetooth 5.0

 

対応コーデック : SBC、AAC、aptX、aptX HD

 

通信距離 : 10m

 

充電時間 : 約1時間40分

 

連続再生時間 : 最大13時間 (※音量70%での再生時)

 

防水等級:IPX5

 

重さ:14g (本体のみ)

 

サイズ:64 x 3.0 x 2.2 cm

 

対応機種:iOS / Android / Windows

 

保証期間:12か月 + 追加延長保証18か月 (要製品登録)

 

その他:イコライザー機能搭載、マルチポイント、マルチペアリング対応

 

【Tao Tronics TT-BH072の評価】

 

※評価基準:☆〜☆☆☆☆☆(1〜5個で評価)

☆:人におすすめできないレベル

☆☆:人によって気にしなければいけるレベル

☆☆☆:標準。一般的な5000円以下のワイヤレスイヤホンレベル

☆☆☆☆:一般的なレベルを上回りオススメできるレベル

☆☆☆☆☆:かなりおすすめ。5000円以下で買えるレベルではないレベル

 

音質(高音)…☆☆☆☆☆

音質(低音)…☆☆☆☆

デザイン…☆☆

連続再生…☆☆☆☆☆

フィット感…☆☆☆☆☆

総合評価…☆☆☆☆☆

 

その他のサイトでの評価になります。

 

価格.comでの評価になります。

 

f:id:otokonowadai:20200329104737p:plain

満足度☆5中、3.82という評価でした。

 

f:id:otokonowadai:20200329105721p:plain



カスタマーレビューは星5つ中、3.5という評価でした。

 

ただ、評価の数が多いので多くの方にご使用いただいている証ですね。

 

~最後に~

 

以上紹介していきましたが、5000円以下での最強ワイヤレスイヤホンだと思います。

 

防水機能が有って外でも使いやすく、長時間の13時間連続使用可能で高音質のサウンドの持ち主。

 

是非ともイヤホンを買う時の1つの参考にして頂ければ幸いです。

 

 

スポンサーリンク