オトコノワダイ

ミンナノワダイ〜日常生活でを豊かにするアイテムを紹介していきます〜

大学の同級生3人でブログを運営しています。普段の生活を快適に過ごすためのアイテムをブログで紹介やレビューなどを行っております。 特にスマートフォン関係(ワイヤレスイヤホン、おすすめ動画)などは力を入れておりますので是非ご興味がある方はブログまで遊びにきてください。ツイッターでも発信していきます。

【完全保存版】1万円台で購入できるおすすめワイヤレスイヤホン7選!〜イヤホン販売歴6年の仕事人が選ぶシリーズ〜

f:id:otokonowadai:20200427214914j:plain


 

多種多様なワイヤレスイヤホンが発売されていますがワイヤレスイヤホンは何を購入したらいいかお悩みではありませんか。

 

特に1万円台のワイヤレスイヤホンに関しては「始めての購入」〜「中級者」と幅広い層が対象となってきます。

 

また、価格帯としてもすぐ購入出来る価格ではありません。

 

製品や特性の知識のない方に関しては様々ある商品の中からどのように選べばいいのか基準が明確になっていない場合があります。

 

その中から自分に合うのかワイヤレスイヤホンを探すのは至難の技です。

 

今回の内容としてはエントリー~中級モデル【10,000円台】ワイヤレスイヤホンの7選を紹介していきます。

 

10000円前後ということ初めてワイヤレスイヤホンを購入を考えている方や今お持ちのワイヤレスイヤホンからグレードアップを考えている方は必見です。

  

今回の記事ではこのような方を対象に商品を紹介しております。

  • 初めてワイヤレスイヤホンを購入する方
  • 今お持ちのワイヤレスイヤホンからグレードアップを考えている方
  • 選び方はわからず基準が明確でない方
  • 商品の特徴を簡単に理解したい

1つでも当てはまりましたらぜひ最後までご覧いただければと思います。

 

今回の内容はワイヤレスイヤホンの紹介だけでなく、様々な特徴を踏まえて他のワイヤレスイヤホンと比較して選ぶ際、どの点を比べたらいいのか選び方についても解説させていただきます。

 

そのため、この記事を見ることによって

  • ワイヤレスイヤホンの選ぶ基準がわかる
  • 他のワイヤレスイヤホン特徴を理解できる
  • 次にイヤホンを選ぶ際の知識を身につけることができる

以上となっております。

 

ここまで自信を持って紹介できる理由として私自身イヤホンの販売に仕事を6年しております。

 

イヤホン販売のプロとしてそれぞれの好みに合ったものを紹介できると思いますのでご期待下さい。

 

以前5000円以下で購入出来るおすすめのワイヤレスイヤホンも紹介しております。

 

初めてワイヤレスイヤホンを検討は是非参考にしてください。

 

www.otokonowadai.com

 

 

 

ワイヤレスイヤホンを選ぶ上で選ぶポイント

f:id:otokonowadai:20200427220121j:plain

 

イコライザー(EQ)

 ※低音、中音、高音のバランスを調整できる機能 

 

・IPX

 ※IPXとは防水できるかできないかを表記している言葉

          

・コーデック

 ※音声をデータを圧縮して伝送する方法の事で遅延や音質に関わってくる

        

Bluetoothバージョン

 ※バージョンの違いは通信速度や通信範囲、消費バッテリーに影響

         

        【用語説明】 詳しくはこちら ↓ 

www.otokonowadai.com

 

 ワイヤレスイヤホンを選ぶ基準

一番の疑問だと思いますが何を基準に購入するか?

 

ですが当ブログは1万円の中級モデルでは以下の4つを基準に選考しました。

音質

f:id:otokonowadai:20200322214018j:plain

 

10000円以下のワイヤレスイヤホンはコーデックAACがついているか、aptxがついているか)、Bluetoothのバージョン(4.0~5.1)を確認しましょう。

 

・コーデックの種類 

コーデックの種類を紹介します。

 

SBC・・・最近発売されているBTイヤホンにはこちらのコーデックが基本的についています。SBCを標準の音質と当ブログでは定めます。A2DP(高品質で音楽データをやり取りするための規格)対応のワイヤレス製品全てがSBCに対応しています。

 

AAC・・・SBCコーデックより遅延が少なく高音質です。iPhoneで主に対応しているコーデックです。

 

aptX・・・SBC、AACより遅延が少ないです。CD音源相当の高音質です。Androidで主に対応しているコーデックです。

 

aptX HD・・・ハイレゾ相当の高音質再生が可能です。Androidで主に対応しているコーデックです。

 

まとめ・・・SBCコーデックだけでも最近のBTイヤホンは高音質になっております。

 

iPhoneユーザーはAAC,AndroidユーザーはaptX,aptX HDを選ぶとより高音質になります。

 

自分のお持ちのデバイスがどのコーデックに対応しているか確認しましょう。

 

Bluetoothのバージョン

ワイヤレスイヤホンは近距離の無線方式「Bluetooth」を使用しています。

 

Bluetoothを使うことによってイヤホンと音楽デバイスを無線でつなぐことが可能となりました。

 

これまで数々の改良がされて2019年でバージョン5.1が出ております。

 

今回紹介するイヤホンは5.0をメインに選定していますが、連続再生時間や混雑している場所で電波が途切れやすいかに関わってきますので最新に近いバージョンを選ぶようにする方がお勧めです。

連続再生時間

f:id:otokonowadai:20200322214207j:plain

 

4時間以上あれば問題なく使えます。自分の使用頻度によって選ぶようにしましょう。

 

日々の充電がめんどくさいなぁと感じる人は左右独立型ワイヤレスイヤホンをお勧めします。

 

ケースに入れているだけで充電できますので手間がかかりません。

 

私自身1日、2~3時間完全ワイヤレスイヤホンを使用してますが1週間に1度だけの充電でOKなのです。

 

装着感

f:id:otokonowadai:20200322214354j:plain

 

カナル型かインナー型かを確認しましょう。

 

カナル型

f:id:otokonowadai:20150315181008j:plain

耳栓のような形状をしており、遮音性が高くフィット感があります。

 

音がクリアにダイナミックに聞こえます。音楽に集中したい方やランニング等で使用する方にお勧めです。

 

インナー型

f:id:otokonowadai:20200314170033j:plain

主にiPhone純正タイプがこの型です。カナル型に比べ本体のサイズが大きい為、振動板も大きなモノを使用できます。

 

したがって、ワイドレンジでスケール感のあるサウンドが聴けます。装着感が爽快ですので長時間の使用にも向いております。

 

見た目(デザイン)

f:id:otokonowadai:20200322214607j:plain

 

最近ではイヤホンをファッションの一部で浸透してますので気に入ったのを選びましょう。

 

10000円前後のワイヤレスイヤホンの7選の紹介

 

 NUARL NT01AX(TWS

クアルコム社の最新テクノロジーSoC「QCC3026」を採用。

 

知る人ぞ知る音響メーカーNUARL(ヌアール)ということもあって音質には非常にこだわっているイヤホン。

 

それだけでなく音切れや遅延の問題も少ない点や連続再生時間10時間以上できるのも大きな特徴です。

 

詳しくはこちらの記事で紹介しておりますのでご興味がある方はご覧下さい。 

 

www.otokonowadai.com

 

 

Alliage  (BT&有線)

楽天の売り上げランキングでも常に上位に位置している楽天でめちゃめちゃ売れているワイヤレスイヤホン。

 

特徴は独自のチューニングシステムとトリプルドライバー・ハイブリットイヤホンから奏でららる高音質。

 

その音質は高級音質とも表現されております。

 

また。Bluetooth接続+有線接続が可能なので急な充電切れにも対応できるマルチなワイヤレスイヤホンとなっております。

 

商品の詳しい解説はこちらの記事で紹介しておりますのでご興味があれば是非ご覧下さい。

 

www.otokonowadai.com

  

AVIOT TE-D01g (TWS)

最大10時間再生と音楽や動画など長時間にわたり充電を気にせず楽しむことができます。

 

また、大きな特徴として圧倒的なデザインの良さ。

 

耳に飾るアクセサリーと考えているので見た目を気にされる方には非常におすすめです。

 

また、非常に優れた防水機能と持ち歩きやすいスリム充電ケースを完備しております。

 

詳しくはこちらの記事でも紹介しておりますので是非ご覧下さい。 

 

www.otokonowadai.com

 

Owltech  SAMU-SE04(TWS

安心の30日の間だと返品することができ返金保証を受け付けているので非常に安心です。

 

2019VGP受賞をしていることから楽天でも非常に売れている人気のワイヤレスイヤホンとなっております。

 

また、川に落としても大丈夫なほどの防水機能を持っているのでこちらも安心して使用することができます。

 

詳しく記載した記事はこちらになりますので是非ご覧下さい。

 

www.otokonowadai.com

 

 

Soundcore Liberty Air

今話題のノイズキャンセリング機能付きのワイヤレスイヤホンです。

 

しかも、最大28時間連続再生することができるのでよっぽどのことがない限り充電の心配をする必要はありません。

 

また、HerarlD機能がついていることから自分にあった音楽を楽しむことができます。

 

このことからAmazonでもめちゃめちゃ売れているので必見のイヤホンとなっております。

 

この商品に関しての詳細はこちらの記事で解説しておりますので是非ご覧下さい。

 

www.otokonowadai.com

 

 

パナソニック RZ-S30W-K (TWS)

コンパクトサイズかつスタイリッシュな洗礼されたデザインでアクセサリーとしてもオシャレなワイヤレスイヤホンです。

 

品質はさすが日本一のパナソニックということもあり文句なしのクオリティです。

 

1万円前後のワイヤレスイヤホンはこの商品を基準として考えておけば間違いないので、初心者の方が購入しても間違いない商品です。

 

詳細に関してはこちらの記事でも紹介しておりますので是非ご覧下さい。

 

 

www.otokonowadai.com

 

 

Apple AirPods pro with Charging Case

金額は高めですが史上最強のワイヤレスイヤホン。

 

魔法の音質と最強のノイズキャンセル機能を有しており、今までのワイヤレスイヤホンと比べても違いがわかるくらいのクオリティとなっております。

 

さらに自分が保有している周辺のApple機器と連動させることで最強の組み合わせになります。

 

さすが世界で一番売れているワイヤレスイヤホンとなっております。

 

詳しく記載した記事はこちらになります。

 

www.otokonowadai.com

  

Sabbat X12Ultra 

数少ないインナーイヤホンでノイズキャンセル機能も搭載しているレアなワイヤレスイヤホンとなっております。

 

コーディングのIPX5も対応しています。

 

また、最大7時間連続再生+ケース充電最大35時間と充電機能も申し分ありません。

 

Qi充電対応(ケース)も対応しているので普通のイヤホンで満足できない方におすすめです。

 

詳しく記載した記事はこちらになりますので是非ご覧下さい。

 

 

www.otokonowadai.com

 

 

 まとめ

 

今回は1万円前後のワイヤレスイヤホンを購入する際に検討すべき商品を種類紹介させていただきました。

 

どういう点に注目してワイヤレスイアホンを選べばいいか参考になれば幸いです。

 

ワイヤレスイヤホンは非常にいい製品がどんどん作られていますので随時いい商品が発売されましたら更新をしていきます。

 

以前に紹介した5000円以下で購入できるワイヤレスイヤホンに関しても是非併せてご覧下さい。

 

 

www.otokonowadai.com

 

 

【新型Air Pods Pro紹介】史上最強のノイズキャンセル性能!世界で一番売れているワイヤレスイヤホンメーカー〜番外編〜

f:id:otokonowadai:20200429152603j:plain





 

今回の内容に関しましてはApple Air Pods Proの商品紹介をさせていただきます。

 

今回は番外編ということで今、一番売れているメーカーの最新モデルを紹介していきたいとおもいます。第一世代,第二世代のAir Podesからグレードアップを考えている方におすすめできる商品となっております。

 

その大きな特徴としては3点あり

特にノイズキャンセリング機能はSONYのWF-1000XM3に負けず劣らずで静寂に包まれるのが大きなポイントになります。

 

その為、第一世代,第二世代のAir Podsからグレードアップを考えている方は検討リストに入れるべき商品となっております。

 

今回の記事では「Air Pods Pro」の特徴を踏まえて他のワイヤレスイヤホンとどの点を比べて何が優れて何が劣っているのかについても解説させていただきます。

 

この記事で得られる内容としては

  • Air Pods Pro」のメリット、デメリットを理解できる
  • 他と比べた際に優れている点、劣っている点がわかる
  • 次にイヤホンを選ぶ際の知識を身につけることができる

以上となっております。

 

それでは早速詳しく紹介していきます。

 

間違いなく一番売れているメーカー「Apple」の最新モデルAir Pods Pro

 

f:id:otokonowadai:20200429155301j:plain

メリットその1 ノイズキャンセリング機能が優秀すぎる

f:id:otokonowadai:20200429155545j:plain

 

 

従来までのAirPodsでは外のダイレクトな生活音やガシャガシャした雑音が問答無用で耳に入ってきていましたが、このAirPods Proから採用された「ノイズキャンセリング」では耳に装着した時点でサッと周りの音をかき消します

メリットその2 外部取り込みモードが優秀すぎる

f:id:otokonowadai:20200429155656j:plain


簡単ワンタッチ操作で外部の音も聞き取ることができます。

 

音楽を聴きながら電車の発着音や聞き取ることができます。

 

音楽を聴きながら会話も楽しめることができます。

 

まさにSONYノイキャンとデュアルリスニングシステムを取り入れた融合商品です。

 

 

メリットその3 従来のエアーポッズよりさらに音質向上

f:id:otokonowadai:20200429160230j:plain

 

従来型はインナーイヤー型でしたが今回からカナル型に変更しました。

 

また、上記に紹介しましたノイズキャンセリング機能も追加搭載され、外部音がかなり聞こえなくなり、低音が厚みのあるサウンドになっております。

 

 

 

 

購入する上で理解すべき「Air Pods Pro」のイケてない点

 

強いて挙げるとするならば

  • 価格が高い(現時点で約30000円)

が挙げられます。

 

ただ、品質での問題というより価格の問題ででこの点は人によってはあまりデメリットと感じない方もいるのではないでしょうか。

 

Air Pods Proのスペック

 

f:id:otokonowadai:20200429155301j:plain



 

簡単に商品のスペックを紹介をしていきます。

 

製品名 AirPods Pro
価格 27,800円(税込30,580円)
機能 アクティブノイズキャンセリング

 

アダプティブイコライゼーション

外部音取り込みモード

均圧のための通気システム

専用の高偏位Appleドライバ

専用のハイダイナミックレンジアンプ

センサー デュアルビームフォーミングマイクロフォン

 

内向きのマイクロフォン

デュアル光学センサー

動きを感知する加速度センサー

音声を感知する加速度センサー

感圧センサー

本体 耐汗耐水性能(IPX4)

 

Bluetooth規格5.0

ワイヤレス充電(QI)対応

バッテリー

 

1回の充電で最大4.5時間の再生時間
1回の充電で最大3.5時間の連続通話時間
・充電ケース
24時間以上の再生時間

18時間以上の連続通話時間
充電ケースでの5分間の充電で約1時間の再生

Air Pods Proの評価

 

f:id:otokonowadai:20200314160315j:plain

 

※評価基準:☆〜☆☆☆☆☆(1〜5個で評価)

☆:人におすすめできないレベル

☆☆:人によって気にしなければいけるレベル

☆☆☆:標準。一般的なのワイヤレスイヤホンレベル

☆☆☆☆:一般的なレベルを上回りオススメできるレベル

☆☆☆☆☆:かなりおすすめ。買えるレベルではないレベル

 

音質(高音)…☆☆☆☆☆

音質(低音)…☆☆☆☆☆

デザイン…☆☆☆☆☆☆

連続再生…☆☆☆☆

フィット感…☆☆☆☆☆

総合評価…☆☆☆☆☆

 

・サイト上での評価

 

価格.comでの評価になります。

 

f:id:otokonowadai:20200501144635p:plain

星5中、4.57という評価になります。
 

 

こちらはアマゾンでの評価になります。

 

f:id:otokonowadai:20200429161601j:plain

5
こちらも全体的な評価としては5点中4.6点という結果でした。 

 

Air Pods Proのまとめ

f:id:otokonowadai:20200314155936j:plain

今回は番外編ということで一番売れているメーカーの最新モデルの紹介をさしていただきました。

 

特徴を一言で言うと現時点での集大成の結晶完成された世界一の完全ワイヤレスイヤホン

 

 

 

まだ従来のエアーポッズをグレードアップを考えている人におすすめできる商品となっています。

 

また値段が高いのでエアーポッズをお持ちでない方は是非店頭で視聴してみてください。

 

世界が変わりますよーー!!

 

それだけ音質が素晴らしく充電や遅延に心配することもないので非常におすすめの商品です。

 

 

 

【Soundcore Liberty Air2 】1万円台で購入できるアマゾンで人気のワイヤレスイヤホン

 

 

 

f:id:otokonowadai:20200429105439j:plain

今回の内容に関しましてはSoundcore Liberty Airの商品紹介をさせていただきます。

 

Anker Japanから発売されているワイヤレスイヤホンです。

 

しかも、

 

AMAZON(アマゾン)

 

でめちゃめちゃ売れている商品の一つです。

 

 

 

10000円前後で購入できるワイヤレスイヤホンの中では非常に評価が良く、コストパフォーマンスが高い為、初めて購入する方や今お持ちのワイヤレスイヤホンからグレードアップを考えている方におすすめできる商品となっております。

 

 

その大きな特徴としては3点あり

  •  最大28時間の長時間再生
  •  HearID搭載
  •  ワイヤレス充電対応

 

特にモバイルバッテリーやUSB充電器などで有名なAnkerならではとも言えるのが、イヤホンの電池持ちです。

  

大きなポイントになります。

 

その為、初めて購入する方や今お持ちのワイヤレスイヤホンからグレードアップを考えている方は検討リストに入れるべき商品となっております。

 

今回の記事では「Soundcore Liberty Air」の特徴を踏まえて他のワイヤレスイヤホンとどの点を比べて何が優れて何が劣っているのかについても解説させていただきます。

 

この記事で得られる内容としては

  • Soundcore Liberty Air」のメリット、デメリットを理解できる
  • 他と比べた際に優れている点、劣っている点がわかる
  • 次にイヤホンを選ぶ際の知識を身につけることができる

以上となっております。

 

それでは早速詳しく紹介していきます。

 

 

 

メリットその1 最大28時間の長時間再生

 

f:id:otokonowadai:20200429105814j:plain

 

 最大7時間の連続音楽再生が可能です。

 

10分の充電で最大2時間使用可能という高速充電機能も備わっています。

 

さらに、充電ケースに入れて電力チャージすることで、最大28時間も音楽を楽しむこと

 

ができる優れものです。

 

会社の通勤時間が長い人や、帰省する際に移動時間が長い方には最適のイヤホンです。

 

 

 

 

 

メリットその2 HearID搭載によりあなたに合ったサウンドに!

 

f:id:otokonowadai:20200429110530j:plain

 

 

 HearIDとはユーザーの耳の聴こえ方に合わせてサウンドを最適化できる機能の事です。

 

この機能により自分に合ったサウンドを見つけることができるのが特徴です。

 

人によっては、音がキンキンと嫌な音に聞こえる音も調節可能です。

この機能は、あった方がいい機能ですので。ワイヤレスイヤホンを買う際の

 

1つのポイントにしてもらうのもいいと思います。

 

 

 

メリットその3 ワイヤレス充電対応

f:id:otokonowadai:20200429111537j:plain

 

 ケースごと置くことにより充電できます。

 

正直、イヤホンの充電は忘れがちになる事が多いと思います。

 

こういったワイヤレスで充電・置くだけで充電ができると、忘れるリスクは

 

非常に減らすことができると思います。

 

 

 

※ワイヤレス充電器は別売りとなっています。

 
 
 

 

購入する上で理解すべき「Soundcore Liberty Air」のイケてない点

 

強いて挙げるとするならば

  •  動画試聴の際に音と映像のズレ(遅延)が多少ある

が挙げられます。

 

しかし、値段約8000というところを考えると、あまり気にならないところです。

 

Soundcore Liberty Airのスペック

 



簡単に商品のスペックを紹介をしていきます。

 

 

再生時間 最大7時間 (イヤホン本体のみ) / 最大28時間 (充電ケース使用時)
充電端子 USB Type-C
重量 約53g (充電ケース含む)
Bluetooth
プロファイル
A2DPAVRCPHFP
Bluetooth規格 5.0
対応コーデック AAC / SBC / aptX
充電時間 1.5時間 (イヤホン) / 2時間 (充電ケース *USBケーブル使用時) / 3.5時間 (充電ケース *ワイヤレス充電器使用時)
パッケージ内容 Soundcore Liberty Air 2、充電ケース、イヤーチップ (XS / S / M / L /XL *Mサイズは本体に取り付け済み)、USB-C & USB-Aケーブル、クイックスタートガイド、安全マニュアル、18ヶ月保証、カスタマーサポート
製品型番 A3910011(ブラック)/ A3910021(ホワイト)

 

 

Sabbat X12 Ultraの評価

 

 

 

※評価基準:☆〜☆☆☆☆☆(1〜5個で評価)

☆:人におすすめできないレベル

☆☆:人によって気にしなければいけるレベル

☆☆☆:標準。一般的な10000円以下のワイヤレスイヤホンレベル

☆☆☆☆:一般的なレベルを上回りオススメできるレベル

☆☆☆☆☆:かなりおすすめ。10000円以下で買えるレベルではないレベル

 

音質(高音)…☆☆☆

音質(低音)…☆☆☆☆☆

デザイン…☆☆☆☆

連続再生…☆☆☆☆☆

フィット感…☆☆☆☆☆

総合評価…☆☆☆☆

 

・サイトでの評価になります。

 

価格.comでの評価になります。

 

f:id:otokonowadai:20200501144207p:plain

星5中、4.56という結果でした。

 

こちらはAmazonでの評価になります。

 

f:id:otokonowadai:20200501144334p:plain


 星5中4.3という結果でした。

 

Soundcore Liberty Airのまとめ

f:id:otokonowadai:20200314155936j:plain

今回10000円台で購入できるおすすめのワイヤレスイヤホンということで

 

Soundcore Liberty Airの紹介させていただきました。

 

 

 

特徴を一言で言うと充電が早くできて、バッテリーが長持ちする中でも、

 

ユーザーに合わせてサウンドを調節でき、価格がリーズナブルなワイヤレスイヤホンで

す。

 

 

 

 

まだワイヤレスイヤホンを購入したことがない方やグレードアップを考えている人にお

 

すすめできる商品となっています。

 

また、今使用しているものが10000円以下のワイヤレスイヤホンだった場合この商品に

 

代えると世界が変わります。

 

それだけ音質が素晴らしく充電や遅延に心配することもないので非常におすすめの商品です。

 

 

 

【Owltech  SAMU-SE04紹介】1万円台で購入できる長時間再生ワイヤレスイヤホン

f:id:otokonowadai:20200429114614j:plain


 

今回の内容に関しましてはOwltech  SAMU-SE04(TWSの商品紹介をさせていただきます。

 

 

楽天で非常に売れている商品でもあり、2019VGP受賞をしているワイヤレスイヤホンでもあります。

 

 

10000円前後で購入できるワイヤレスイヤホンの中では非常に評価が良く、コストパフォーマンスが高い為、初めて購入する方や今お持ちのワイヤレスイヤホンからグレードアップを考えている方におすすめできる商品となっております。

 

その大きな特徴としては3点あり

 

音響特性を改善する「HDSS」技術

・高防水機能

・長時間再生可能

 

 

その他に30日返金保障!1年安心保障!は自分にあったイヤホンを探している方には

 

こういった保証は大きなポイントになります。

 

その為、初めて購入する方や今お持ちのワイヤレスイヤホンからグレードアップを

 

考えている方は検討リストに入れるべき商品となっております。

 

今回の記事では「Owltech  SAMU-SE04(TWS」の特徴を踏まえて他のワイヤレスイヤホンとどの点を比べて何が優れて何が劣っているのかについても解説させていただきます。

 

この記事で得られる内容としては

  • Owltech  SAMU-SE04(TWS」のメリット、デメリットを理解できる
  • 他と比べた際に優れている点、劣っている点がわかる
  • 次にイヤホンを選ぶ際の知識を身につけることができる

以上となっております。

 

それでは早速詳しく紹介していきます。

 

 

 

メリットその1 音響特性を改善する「HDSS」技術

 

f:id:otokonowadai:20200429115852j:plain

 音響特性を改善する「HDSS」技術を採用しているのが特徴です。

 

同技術により、音の濁りの原因となるハウジング(筐体)内の音の反射や揺れが

 

改善されるため、歪のないクリアなサウンドで楽しむことができます。

 

 

 

メリットその2 高防水機能のIPX7 

 

f:id:otokonowadai:20200326113227j:plain

IPX7とは防水機能の強さを示しています。

 

IPX7の強度があれば、ある程度の深さに落としても壊れません。

 

ですので、雨の際に水たまりに落としても、川に落としても大丈夫です。

 

※他の詳細は下を見てください。

 

f:id:otokonowadai:20191029070618j:plain

 

 

メリットその3 長時間再生可能

 

f:id:otokonowadai:20200429175404j:plain

 

 充電クレードルを併用すれば最大63時間再生可能です。
 
そして何より、2時間充電するだけで9時間連続再生可能である。
 
長く使用できることは非常に使用者からすると大きなメリットになると思います。
 
 
 

購入する上で理解すべき「Owltech  SAMU-SE04(TWS」のイケてない点

 

強いて挙げるとするならば無線充電に対応していない

が挙げられます。

 

ただ、人によりけりですが、あまりデメリットと感じない方もいるのではないでしょうか。

 

Owltech  SAMU-SE04(TWSのスペック

 



簡単に商品のスペックを紹介をしていきます。

 

基本仕様
タイプ*1 カナル型 接続タイプ ワイヤレス
装着方式 完全ワイヤレス(左右分離型) 構造  
駆動方式 ダイナミック型 プラグ形状  
インピーダンス  16 Ω 音圧感度  91 db
再生周波数帯域 20Hz~20kHz ドライバサイズ  6 mm
コード種類   コード長  
最大入力   充電端子 充電ケース:microUSB
ワイヤレス機能
ワイヤレス  Bluetooth Bluetoothバージョン Ver.5.0
連続再生時間 最長約9時間 充電時間 本体:約2時間
充電ケース:約2時間
対応コーデック  SBC
AAC
aptX
NFC   
NFMI・MiGLO対応    TWS Plus対応 
マルチペアリング対応       
機能
リケーブル    ノイズキャンセリング   
ハイレゾ    マイク 
外音取り込み   音質調整  
自動電源ON機能   自動電源OFF機能  
防水・防滴性能 IPX7 サラウンド   
リモコン  マグネット連結対応  
折りたたみ    DTS Headphone:X   
Dnote       
カラー
カラー グレー    
サイズ・重量
重量 4.5 g    

 

Owltech  SAMU-SE04(TWSの評価

 

f:id:otokonowadai:20200314160315j:plain

 

※評価基準:☆〜☆☆☆☆☆(1〜5個で評価)

☆:人におすすめできないレベル

☆☆:人によって気にしなければいけるレベル

☆☆☆:標準。一般的な10000円以下のワイヤレスイヤホンレベル

☆☆☆☆:一般的なレベルを上回りオススメできるレベル

☆☆☆☆☆:かなりおすすめ。10000円以下で買えるレベルではないレベル

 

音質(高音)…☆☆☆

音質(低音)…☆☆☆☆

デザイン…☆☆☆☆☆

連続再生…☆☆☆

フィット感…☆☆☆☆

総合評価…☆☆☆

 

・サイト上での評価

 

価格.comの評価になります。

 

f:id:otokonowadai:20200501143828p:plain

星5中、4という評価になっております。

 

 Amazonでの評価になります。

f:id:otokonowadai:20200501143706p:plain

星5中3.4という評価になっております。

 

Owltech  SAMU-SE04(TWSのまとめ

f:id:otokonowadai:20200314155936j:plain

今回10000円台で購入できるおすすめのワイヤレスイヤホンということで

Owltech  SAMU-SE04(TWSの紹介させていただきました。

 

特徴を一言で言うと長い間使用できて防水機能最強です!

  

まだワイヤレスイヤホンを購入したことがない方やグレードアップを考えている人におすすめできる商品となっています。

 

また、今使用しているものが10000円以下のワイヤレスイヤホンだった場合この商品に代えると世界が変わります。

 

それだけ音質が素晴らしく充電や遅延に心配することもないので非常におすすめの商品です。

 

 

 

【AVIOT TE-D01g】オシャレかつ高音質!1万円台で購入できるワイヤレスイヤホン

f:id:otokonowadai:20200427135850p:plain

 

 

 

今回の内容に関しましては AVIOT TE-D01g (TWS) の商品紹介をさせていただきます。

 

10000円前後で購入できるワイヤレスイヤホンの中では非常に評価が良く、コストパフォーマンスが高い為、初めて購入する方や今お持ちのワイヤレスイヤホンからグレードアップを考えている方におすすめできる商品となっております。

 

その大きな特徴としては3点あり

 

・こだわりのデザイン!!

・音質の良さ

・クラス随一の防水機能

 

 

特デザインには非常にこだわっています。

 

イヤホンでオシャレをする!大きなポイントになります。

 

 

その為、初めて購入する方や今お持ちのワイヤレスイヤホンからグレードアップを考えている方は検討リストに入れるべき商品となっております。

 

今回の記事では「AVIOT TE-D01g (TWS) の特徴を踏まえて他のワイヤレスイヤホンとどの点を比べて何が優れて何が劣っているのかについても解説させていただきます。

 

この記事で得られる内容としては

  • AVIOT TE-D01g (TWS) 」のメリット、デメリットを理解できる
  • 他と比べた際に優れている点、劣っている点がわかる
  • 次にイヤホンを選ぶ際の知識を身につけることができる

以上となっております。

 

それでは早速詳しく紹介していきます。

 

 

 

メリットその1 こだわりのデザイン!!

 

 

f:id:otokonowadai:20200429182622j:plain

 イヤホンは耳を飾るアクセサリーのひとつだと、AVIOTは考えているそうです。

 

だからデザインやマテリアルにも徹底的にこだわっており、

 

全5種類のカラー選ぶ事ができます!!

 

イヤホンもオシャレしたい方はオススメなイヤホンです。

 

 

メリットその2  音質の良さ!

 

 

f:id:otokonowadai:20200429183424j:plain

 

 最新技術がぎっしり詰まった最新SoC、QCC3020と、厳選したグラフェンコーテッドスピーカーを採用し、日本人の聴覚特性に合わせ、時間を掛けて丁寧にチューニングしました。もう良い音にケーブルは必要ありません。 

 

 

~詳細~

Qualcomm社のSoC、SoCとはSystem-on-a-chipの略称で、プロセッサコアや様々な機能を集積、連携してシステムとして機能するよう設計集積回路のこと。
QCC3026/3020はBluetooth5.0やバッテリー残量に応じてマスターを切り替えるロールスワッピング機能、高性能DSPによる高いオーディオ性能、圧縮率の低いaptXコーデック、電力消費の最適化による長時間の連続再生、高い接続安定性などワイヤレスイヤホンにとって有用な次世代SoCです

 

 

メリットその3 クラス随一の防水機能

f:id:otokonowadai:20200326113227j:plain

 

 ジムでのワークアウトでかいた大量の汗や、外出中の急な雨などはもちろん、

 

装着したままシャワーを浴びても平気なIPX7の高い防水性能を実現しました。

 

もうオンガクは時と場所を選びません。

 

*イヤホン本体のみ(チャージングケースは非防水です。) 

 
 
 

 

購入する上で理解すべき「AVIOT TE-D01g (TWS) 」のイケてない点

 

強いて挙げるとするならばおしゃれだから盗まれやすい!?ww

 

が挙げられます。

 

非常に上級者が使用しているイメージですね。 

 

AVIOT TE-D01g (TWS) のスペック

 

簡単に商品のスペックを紹介をしていきます。

 

基本仕様
ドライバー φ6mmダイナミック
インピーダンス 16Ω
最大入力 5mW
通話用内蔵マイク cVc8.0ノイズキャンセリング
バッテリー容量 イヤホン片耳50mAh / ケース550mAh
最大通話時間 約4時間
最大再生時間 約10時間
充電時間 約2時間
充電ポート USB Type C
防水規格 IPX7
Bluetooth仕様
Bluetooth version 5.0
Bluetoothマルチペアリング 3デバイス
対応コーデック AAC,SBC,aptX
対応プロファイル A2DP,HFP,HSP,AVRCP

 

 

AVIOT TE-D01g (TWS) の評価

 

f:id:otokonowadai:20200314160315j:plain

 

※評価基準:☆〜☆☆☆☆☆(1〜5個で評価)

☆:人におすすめできないレベル

☆☆:人によって気にしなければいけるレベル

☆☆☆:標準。一般的な10000円以下のワイヤレスイヤホンレベル

☆☆☆☆:一般的なレベルを上回りオススメできるレベル

☆☆☆☆☆:かなりおすすめ。10000円以下で買えるレベルではないレベル

 

音質(高音)…☆☆☆☆

音質(低音)…☆☆☆☆

デザイン…☆☆☆☆

連続再生…☆☆☆☆

フィット感…☆☆☆

総合評価…☆☆☆☆

 

・サイト上での評価

 

価格.comでの評価になります。

 

f:id:otokonowadai:20200501143151p:plain

星5中3.67という評価でした。

 

こちらはアマゾンの評価になります。

 

f:id:otokonowadai:20200501143224p:plain

 

星5中4.1という結果でした。
 

 

 

AVIOT TE-D01g (TWS) のまとめ

f:id:otokonowadai:20200314155936j:plain

今回10000円台で購入できるおすすめのワイヤレスイヤホンということで

AVIOT TE-D01g (TWS) の紹介させていただきました。

 

特徴を一言で言うとオシャレで、音質もいいし防水機能もしっかりしている

オールラウンダーなワイヤレスイヤホンだと思います。

連続再生時間ももちろん長いのでお勧めです。

 

 

 

まだワイヤレスイヤホンを購入したことがない方やグレードアップを考えている人におすすめできる商品となっています。

 

また、今使用しているものが10000円以下のワイヤレスイヤホンだった場合この商品に代えると世界が変わります。

 

それだけ音質が素晴らしく充電や遅延に心配することもないので非常におすすめの商品です。

 

 

【パナソニック RZS-S30紹介】日本一の家電メーカー!1万円台で購入できるおすすめワイヤレスイヤホン

f:id:otokonowadai:20200425164228j:plain



 

今回の内容に関しましてはパナソニック RZS-S30の商品紹介をさせていただきます。

 

10000円前後で購入できるワイヤレスイヤホンの中では非常に評価が良く、コストパフォーマンスが高い為、初めて購入する方や今お持ちのワイヤレスイヤホンからグレードアップを考えている方におすすめできる商品となっております。

 

その大きな特徴としては3点あり

  • 耳にフィットするコンパクトサイズ
  • 安定の接続性
  • 圧倒的な通話性能

特に安定の接続性は他のパナソニック独自が開発した「タッチセンサーアンテナ」をさいようしているのが大きなポイントになります。

 

その為、初めて購入する方や今お持ちのワイヤレスイヤホンからグレードアップを考えている方は検討リストに入れるべき商品となっております。

 

今回の記事では「パナソニック RZ-S30」の特徴を踏まえて他のワイヤレスイヤホンとどの点を比べて何が優れて何が劣っているのかについても解説させていただきます。

 

この記事で得られる内容としては

  • パナソニック RZ-S30」のメリット、デメリットを理解できる
  • 他と比べた際に優れている点、劣っている点がわかる
  • 次にイヤホンを選ぶ際の知識を身につけることができる

以上となっております。

 

それでは早速詳しく紹介していきます。

 

日本一の家電メーカー!ワイヤレスイヤホンに悩んだらこれで間違いなし

 

f:id:otokonowadai:20200425170849j:plain




 

メリットその1 安定したBluetoothの接続性

 

f:id:otokonowadai:20200426122253j:plain

 

 タッチセンサーとBluetooth®アンテナを共用した「タッチセンサーアンテナ」は、コンパクトなサイズを実現するとともに、タッチセンサー部も基板部分もアンテナ化することによってアンテナの表面積を確保し接続性を安定させています。

 

また左右独立の受信方式を採用してますのでさらに安定した接続を可能にしてます。

混雑した場所などでも音が途切れにくくなります。また、動画視聴時の映像と音声のずれも軽減できます。

 

メリットその2  コンパクトな設計

f:id:otokonowadai:20200425170829j:plain

 

幅約17mm、重さ約4g(片側)の小型サイズ・軽量で、女性や小柄な方の耳にもぴったり装着できます。

 

また、シンプルな正円形状をベースにリング形のオーナメントを施しており、すっきりとした装いで音楽を楽しめます。カラーバリエーションも、ファッションになじみやすいグリーン(-G)、ブラック(-K)、ホワイト(-W)の3色を採用しています。

 

 

 

メリットその3 ノイズを抑えてクリアな音声通話が可能

f:id:otokonowadai:20200426123042j:plain

屋外でも通話しやすいよう、ノイズを抑えたクリアな音声での通話を可能です。

 

通話用マイクには高性能なMEMSマイクを搭載するとともに、空気の通り道を屈折させることでマイクに直接風が当たりにくい「ラビリンス構造」を採用し、風切音の発生を抑制しています。

 
 

 

購入する上で理解すべき「パナソニック RZ-S30」のイケてない点

 

強いて挙げるとするならば

  • コンパクトな設計ですので無くす可能性がある

が挙げられます。

 

ただ、品質での問題というより使用時での問題が多いのでこの点は人によってはあまりデメリットと感じない方もいるのではないでしょうか。

 

Sabbat X12 Ultraのスペック

f:id:otokonowadai:20200425170849j:plain







 

簡単に商品のスペックを紹介をしていきます。

 

 

主な仕様
再生時間※4 イヤホン単体:約7.5時間(AAC
充電ケース含む:約30時間(AAC
短時間充電時再生時間※4 15分充電、約90分(AAC
充電時間※5(25℃) イヤホン+充電ケース(同時充電):約4時間
サイズ(W×H×D) イヤホン:約17 mm× 17 mm× 28mm
充電ケース:約74 mm× 39 mm× 30 mm
質量 イヤホン:約4g(片側のみ:LR同値)
充電ケース:約45g
ノイズキャンセリング機能 なし
専用アプリ Panasonic Audio Connect
防水性能 IPX4※6相当(イヤホン部のみ)
Bluetooth®
対応コーデック/バージョン※7

 

パナソニックRZ-S30の評価

 

f:id:otokonowadai:20200314160315j:plain

 

※評価基準:☆〜☆☆☆☆☆(1〜5個で評価)

☆:人におすすめできないレベル

☆☆:人によって気にしなければいけるレベル

☆☆☆:標準。一般的な10000円以下のワイヤレスイヤホンレベル

☆☆☆☆:一般的なレベルを上回りオススメできるレベル

☆☆☆☆☆:かなりおすすめ。10000円以下で買えるレベルではないレベル

 

音質(高音)…☆☆☆☆

音質(低音)…☆☆☆☆☆

デザイン…☆☆☆☆☆

連続再生…☆☆☆☆☆

フィット感…☆☆☆☆☆

総合評価…☆☆☆☆☆

 

・サイト上での評価

 

価格.comでの評価になります。

 

f:id:otokonowadai:20200501142654p:plain

 

レビュー数は少ないですが星5中4という評価でした。
 

 

 

こちらはアマゾンでの評価になります。

 
 

f:id:otokonowadai:20200429162831j:plain

こちらも全体的な評価としては5点中4.3点という結果でした。 

 

パナソニック RZ-S30のまとめ

f:id:otokonowadai:20200314155936j:plain

今回は1万円台で購入できるおすすめのワイヤレスイヤホンということでパナソニック RZ-S30の紹介させていただきました。

 

特徴を一言で言うとコンパクトで高音質 さすがパナソニック

 

 

まだワイヤレスイヤホンを購入したことがない方やグレードアップを考えている人におすすめできる商品となっています。

 

また、今使用しているものが10000円以下のワイヤレスイヤホンだった場合この商品に代えると世界が変わります。

 

それだけ音質が素晴らしく充電や遅延に心配することもないので非常におすすめの商品です。

 

 

 

【Sabbat X12 Ultra 紹介】数少ないインナーイヤー型!1万円台で購入できるおすすめワイヤレスイヤホン

f:id:otokonowadai:20200425175653j:plain



 

今回の内容に関しましてはSabbat X12 Ultra 完全ワイヤレスイヤホンの商品紹介をさせていただきます。

 

10000円前後で購入できるワイヤレスイヤホンの中では非常に評価が良く、コストパフォーマンスが高い為、初めて購入する方や今お持ちのワイヤレスイヤホンからグレードアップを考えている方におすすめできる商品となっております。

 

その大きな特徴としては3点あり

  • 完全ワイヤレスでは数少ないインナーイヤー型
  • カラフルなデザイン
  • 非の打ち所がないスペック

特にインナーイヤー型は他の10000円前後のワイヤレスイヤホンと比べても数少ないタイプのが大きなポイントになります。

 

その為、初めて購入する方や今お持ちのワイヤレスイヤホンからグレードアップを考えている方は検討リストに入れるべき商品となっております。

 

今回の記事では「Sabbat X12 Ultra 完全ワイヤレスイヤホン」の特徴を踏まえて他のワイヤレスイヤホンとどの点を比べて何が優れて何が劣っているのかについても解説させていただきます。

 

この記事で得られる内容としては

  • 「Sabbat X12 Ultra」のメリット、デメリットを理解できる
  • 他と比べた際に優れている点、劣っている点がわかる
  • 次にイヤホンを選ぶ際の知識を身につけることができる

以上となっております。

 

それでは早速詳しく紹介していきます。

 

数少ないインナーイヤー型!ワイヤレスイヤホンに悩んだらこれで間違いなし

f:id:otokonowadai:20200425180510j:plain



 

メリットその1 数少ないインナーイヤー型

 

完全ワイヤレスは今のところカナル型が席巻しておりインナーイヤー型を探すのは一苦労します。

 

インナーイヤー型らしく、耳への圧迫感が少ないです。

 

またハウジング部分が耳栓のように固定でき、フィット感も優れております。

 

音質はインナーイヤー型らしく広めで抜けのいい音が出ます。

 

音場が広いため迫力がある音を楽しめます。

 

 

 

メリットその2 CVC8.0ノイズキャンセリング技術搭載 

f:id:otokonowadai:20200425183004j:plain

CVC8.0ノイズキャンセリング機能搭載により、通話中の雑音や周囲のノイズを抑制し、相手の声も聞き取りやすく快適な通話を実現します。

 

電車内や航空機内などのリスニング時に、走行音やエンジンノイズなどさまざまな騒音を激減します。

 

インナーイヤー型でノイキャン搭載は稀な商品ですので是非オススメしたい一つです。

 

 

 

メリットその3 音の途切れや遅延が少ない

 実際に使用してみた結果ですが池袋や新宿の構内を除いてほぼ途切れることがなかったです。
 
遅延に関してもアンドロイド機器に対応しているapt-Xとアイフォンに対応しているAACを搭載しているので遅延が少ないと感じました。
 
 

購入する上で理解すべき「Sabbat X12 Ultra」のイケてない点

 

強いて挙げるとするならば

  • インナーイヤー型なのである程度大きい音量で聞くと音が漏れることがある

が挙げられます。

 

ただ、品質での問題というより使用時での問題が多いのでこの点は人によってはあまりデメリットと感じない方もいるのではないでしょうか。

 

Sabbat X12 Ultraのスペック

f:id:otokonowadai:20200425175653j:plain





 

簡単に商品のスペックを紹介をしていきます。

 

 

 

Bluetooth バージョン Bluetooth 5.0
Bluetooth コーデック aptX、AAC、SBC
イヤホン単体再生時間 6時間
重量(ケース込) 約54g
防水 IPX5準拠

 ノイズキャンセリング8.0機能搭載

 

Sabbat X12 Ultraの評価

 

f:id:otokonowadai:20200314160315j:plain

 

※評価基準:☆〜☆☆☆☆☆(1〜5個で評価)

☆:人におすすめできないレベル

☆☆:人によって気にしなければいけるレベル

☆☆☆:標準。一般的な10000円以下のワイヤレスイヤホンレベル

☆☆☆☆:一般的なレベルを上回りオススメできるレベル

☆☆☆☆☆:かなりおすすめ。10000円以下で買えるレベルではないレベル

 

音質(高音)…☆☆☆☆

音質(低音)…☆☆☆☆☆

デザイン…☆☆

連続再生…☆☆☆☆

フィット感…☆☆☆

総合評価…☆☆☆☆

 

・サイト上での評価

 

価格.comの評価になります。

 

f:id:otokonowadai:20200501142336p:plain

星5中3.71 という評価でした。

 

こちらはアマゾンでの評価になります。

f:id:otokonowadai:20200429163125j:plain

 

こちらも全体的な評価としては5点中3.点という結果でした。 

 

Sabbat X12 Ultraのまとめ

f:id:otokonowadai:20200314155936j:plain

今回は1万円台で購入できるおすすめのワイヤレスイヤホンということでSabbat X12 Ultraの紹介させていただきました。

 

特徴を一言で言うとパフォーマンスの安定性がずば抜けている!

 

 

まだワイヤレスイヤホンを購入したことがない方やグレードアップを考えている人におすすめできる商品となっています。

 

また、今使用しているものが10000円以下のワイヤレスイヤホンだった場合この商品に代えると世界が変わります。

 

それだけ音質が素晴らしく充電や遅延に心配することもないので非常におすすめの商品です。

 

 

スポンサーリンク