オトコノワダイ

ミンナノワダイ〜日常生活でを豊かにするアイテムを紹介していきます〜

大学の同級生3人でブログを運営しています。普段の生活を快適に過ごすためのアイテムをブログで紹介やレビューなどを行っております。 特にスマートフォン関係(ワイヤレスイヤホン、おすすめ動画)などは力を入れておりますので是非ご興味がある方はブログまで遊びにきてください。ツイッターでも発信していきます。

【固定費削減】携帯料金を見直すべき理由!月々の支払い額を最大0円にする方法

f:id:otokonowadai:20191120234709j:plain

月々携帯料金はいくらくらい払っていますか?

 

今やインターネット社会ということもあり、携帯電話は1人1台は最低でも持っている時代になっております。

 

そんな誰でも所持している携帯の料金を見直すことで効率的に月々の支払い額を見直すことができます

 

更にうまく制度を活用することで現金での支払い額を最大0円にすることも出来るのでその方法についても紹介させていただきます。

 

それでは早速紹介します。

 

 

通信費を見直すべき理由

何かを契約した際に支払うお金であったり、大きな買い物でローンを組んだ際と毎月決まった額支払わなければならない出費のことを固定費と言います。

 

特徴としては1回の支払額はそこまで大きくなくても年間で計算したら非常に家計を圧迫しているものになります。

 

そのため、見直すことによって月々の出費を効率的に改善することが出来るので家計の見直しを行う際に真っ先に取り組まなければいけない出費はこの固定費になります。

 

その代表的な固定費として

  • 家のローン
  • 車のローンと維持費
  • 保険
  • 通信費

主にこの4つが固定費として代表的なものとなっております。

 

その中でも今回は通信費についてどのように見直すべきなのか次項から紹介させていただきます。

月々の支払い額をに見直すためには

通信費というのはここでは携帯料金を意味しております。

 

結論から言うと大手3大キャリアDocomoausoftbank)を使用している人はすぐに格安SIMの携帯会社に切り換えましょう。

 

すでに格安SIMの方は…さすがです!笑

 

オススメの格安SIMまで飛ばしてください。

 

格安SIMに変える最大の理由としては、ほぼ同じ性能にも関わらず月々の携帯料金が半額以上安くなることになります。

 

だいたい、大手3大キャリアを使用している人の平均的な料金として6千円〜1万円くらいと言われております。

 

一方で格安SIMの場合だと平均1千円〜4千円くらいで抑えることができます。

 

そのため、携帯会社を変えるだけで平均3千円〜8千円くらい月々の料金を削減することができますので非常に簡単かつ効果も高いものとなっております。

 

携帯を変えるにあたっての問題点

携帯を変えるにあたって違約金に関してが大きな問題点になってきます。

 

ただ、基本的には気にしなくて大丈夫です。

 

新月の2ヶ月前までだったら待った方がいい場合もありますがそれ以外は気にしないですぐ切り換えましょう。

 

ちなみに今話題の途中解約の上限についてはこの方が詳しく解説しておりますのでご興味があればご覧ください。

 

join.biglobe.ne.jp

 

新しい料金プランや最近契約した人は解約金が掛からないと言う内容なので今回の内容とはあまり関係はないかと思います。

 

格安SIMのデメリット 

一方で格安SIMに切り換えることが全てメリットに繋がるのではなくデメリットも存在します。

  • 通話料が定額でない場合がある
  • 通信速度が3大キャリアと比べて遅い
  • 携帯のメールが使えなくなる(@docomo、@softbank、@ezweb

などがあります。

 

通話料と通信速度に携帯会社によって違ってきますのでご確認ください。

 

Y!モバイルやLINEモバイルなどはオプションで通話料かけ放題のプランがあったり、UQ mobileやY!モバイルは通信速度も3大キャリア携帯と比べても変わりがなかったりします。

 

一方で携帯のメールに関しては共通のデメリットになります。

 

ただ、最近ではLINEやヤフーメールgmailなど様々な連絡手段があるのでそこまで影響はないかも知れませんが、サイトに登録しているメールアドレスがキャリアのアドレスを使っている場合のみ気をつけてください。

 

もはや一択!?オススメの格安SIM

 楽天モバイル

 

様々な格安SIMがありますがその中でも私が最もオススメしたいのは楽天モバイルです。

 

 特に楽天経済圏で生活している人は必須になります。

 

半年前に楽天モバイルに変えましたが、ポイントで支払うようにしているので半年間携帯料金を払ったことはありません。

 

この楽天ポイントというのが非常に重要になってきますが特徴として汎用性が非常に高い点が挙げられます。

 

楽天市場で買い物をしたり楽天カードで支払いを行うと楽天ポイントが付いてきますがこのポイントで携帯代も支払うことが出来るので月々の携帯料金の現金での手出しを行うことなく0円で使用することが出来るのです。
 

楽天市場で買い物する際もポイントの倍率が上がりますし、楽天モバイルでポイントも貯めることができるので非常におすすめです。

 

まとめ

今回は、携帯料金の見直しということで格安SIMへの変更の方法とメリット、デメリットについて紹介させていただきました。

 

私も今年の2月格安SIMに切り換えましたが、それまではsoftbankのギガ放題(40G B)、電話かけ放題のプランに入っており月々12000円くらい携帯料金に支払っておりました。

 

最初は移動中にYouTubeAmazon primeビデオが見れなくなったり気軽に電話ができなくなることを危惧してなかなか行動に移せませんでしたが、身近な友達が格安SIMに変えたのに影響を受け行動に移しました。

 

最初はsoftbankのメールが使えなかったり、見たいときに動画が見れなかったりと不自由を感じていましたが2週間くらいでその生活に慣れてきました。

 

慣れたらそれが普通になるのでYouTubeWi-Fiが繋がっている時しか見なくなり、Amazon primeビデオもダウンロードできる動画のみ、電話も10分以内はかけ放題ですが大体それまでに収まるので特に不自由は感じておりません。

 

逆に初月から楽天ポイントを利用して携帯料金を現金で払ったことがないので、今まで1万円以上もよく支払っていたなとゾッとします。

 

生活の質を落とさず、月の固定費を落とすことができるので非常におすすめしております。

 

皆様のご参考に慣れば幸いです。

 

www.otokonowadai.com

 

スポンサーリンク