オトコノワダイ

オトコノワダイ〜30代男性が為になるブログ〜

30代の男性が知っておくべきワダイを発信しています。 日常で使用するものや話題になっている商品、情報を同世代の同性に向けて為になる情報を発信していきます。

【朝日杯FS】最終予想 一撃で巻き返しができる馬を買います!!

f:id:otokonowadai:20191123141605p:plain

こんにちは!今回は朝日杯FSの競馬予想をしていきます。

 

 朝日杯過去のデータ分析

前走1着馬が10年連続で優勝をしています。(過去10年)

 

前走1着馬の成績(10-5-8-60)勝率12.0% 連帯率18.1% 3着以内率27.7%

2着馬以下の成績(0-5-2-73)勝率0% 連帯率6.3% 3着以内率8.8%

 

今回の前走1着馬の対象馬は(前走OP以上)

6.サリオス R.ムーア (G3サウジRC レコード)

8.タイセイビジョン  豊 (G2京王杯2歳S

12.レッドベルジュール C.スミヨン (G2デイリー2S)

13.プリンスリターン 原田 (OPききょうS

16.ラウダシオン C.ルメール (もみじS4)

 

前走1着馬から絞っていきたいですね。

 

2連勝以上した経験が必要(過去10年)

 

あり(7-4-5-52)勝率10.3% 連帯率16.2% 3着以内率23.5%

なし(2-6-5-78)勝率2.2% 連帯率8.8% 3着以内率14.3%

キャリア1戦(1-0-0-3) 例外リオンディーズ

 

今回の過去2連勝以上した対象馬は

2.ビアンフェ

5.マイネルグリット

6.サリオス

10.エグレムニ

12.レッドベルジュール

14.タガノビューティー(ダートでの勝利)

 

過去のレース距離全てが1500m以上が有利(過去5年)

過去5年間の優勝馬の過去のレース距離は全て芝1500m以上で走っています。

今回の対象馬は

1.ジュンライトボルト

6.サリオス

7.ウイングレイテスト

12.レッドベルジュール

 

上記3つのデータで対象が複数ある馬

全て

6.サリオス

12.レッドベルジュール

 

それ以外は1つしかあてはまりませんでした。

レース展開

 

例年落ち着いたペースになっておりますのでミドル以下になると思います。

2.ビアンフェ.3ペールエールと逃げ先行馬が絶好枠に入り、先週の阪神JFの内容や現在馬場は前が止まらない高速馬場になっており穴を買うならこの2頭でしょう。

 

 

 

オッズ(土曜17.29時点)

6.サリオス 1.9

8.タイセイビジョン 5.9

12.レッドベルジュール 6.4

2.ビアンフェ 12.5

3.ペールエール 13.1

16.ラウダシオン 18.4

 

やはりデータ分析ですべてが当てはまったサリオスが圧倒的な人気ですね。でも単勝複勝に旨味がないので本命にはいれません。では今回購入馬の発表をします。

今回購入馬は

2.ビアンフェ 藤岡J 単勝複勝

理由

2という絶好枠に入り強い先行力と持っているビアンフェで勝負します。今の阪神馬場でミドル以下のペースになれば勝機十分です。また前走の京王杯2歳Sではプラス24キロだったのに2着と好走しました。成長分とみています。調教も全馬を通してNO.1です。最後の追切では、栗東販路53.3-38.3-24.3-11.8と上々でした。オッズも10倍以上になるとみていますのでここですべての負けを取り返したいと思います!!

 

3連複を買うとしたらの抑えの馬は

6.サリオス

12.レッドベルジュール

3.ペールエール

7.ウイングレイテスト

理由

6.サリオスは前走サウジRCを1:32.7とレコード勝ちをし完成度の高い競馬をしました。先行力もかなり強いです。過去データ分析も全て当てはまっているし軸にするにはもってこいでしょう。しかし、阪神JFの時みたいにリアアメリアは多頭数を経験した多頭数でのレースを経験してない。があてはまります。オッズも2倍を切ってますので単勝複勝は買えませんでした。

12.レッドベルジュールも過去データに全て当てはまっています。デイリー杯2歳Sの勝ち馬です。差し馬なので届くかどうか。

3.ペールエール新馬線から馬体重が下がっているのが気がかりですね。先行力はありますので前残りに期待です。

7.ウイングレイテストは香港スターの松岡Jが鞍上だからです。笑香港ヴぁーズを勝って乗りに乗っていますので・・・。

 

今回切る馬は

 

8.タイセイビジョン

16.ラウダシオン

理由

今回は先行馬の前残りで決まると予想してますのでこの2頭は厳しいと届かないと判断しています。また8.タイセイビジョンは人気になっていますが豊さんがこのレースを買っておらずいいイメージがないので・・・。

 

最後に

以上、朝日杯の予想でした。またね~~

スポンサーリンク