オトコノワダイ

オトコノワダイ〜30代男性が為になるブログ〜

30代の男性が知っておくべきワダイを発信しています。 日常で使用するものや話題になっている商品、情報を同世代の同性に向けて為になる情報を発信していきます。

【桃太郎鉄道】遊びながら投資を学べるゲーム〜給料を投資に回すことの重要性〜

 本日の内容は、皆さん桃太郎鉄道(通称:桃鉄)というゲームはご存知でしょうか。

 

f:id:nariagariblog:20190824234740j:plain

 

昔ハマっていたゲームで当時は何気なくプレイしていましたが大人になって改めて考えると投資の原理が詰まったゲームだったと気付きました。

 

そこで本日の内容として桃太郎鉄道のゲームをすることによって投資の原理を学ぶことができ、給料を投資に回すべき理由について紹介させていただきます。

 

 

ゲームの内容

内容はご存知の方も多いとは思いますが、日本全国が舞台のボードゲームで電車で各都市を駆け巡ります。

 

その土地土地で有名な特産品や観光名所等の物件を購入して最終的に誰が1番お金持ちになれるかというゲームです。

 

私も中学校の時にハマって毎日友達の家でやっていました。

 

途中から友達と貧乏神(通称:ボンビー)のなすりつけ合いになってよくケンカをしたりスリの銀次にお金を取られたりしてキレたのを覚えています。

 

 

最新版は一応こちらになります。

 

噂ではまた新しい形で桃鉄も発売になるみたいですね。

 

www.famitsu.com

 

基本的なゲームの流れ

日本全国の都市のどこかに目的地が決められますのでその目的地に向かいます。

 

目的地に着いたらお金をもらうことが出来るのでその都市で物件を購入することが出来ます。

 

(※物件とは、その都市にまつわる商店や工業・田畑などの産業を総合したもの)

 

f:id:nariagariblog:20190824233300j:plain

 

物件を購入すると毎年3月が決算月になるので物件ごとに決められた収益率に沿って収入を得ることが出来ます。

 

一連の流れとしては

 

①目的地に向かう(お金をもらう)

②物件を購入

③①と②を繰り返す

④毎年3月の決算で購入した物件から収益をもらう

⑤目的地に行かなくてもお金が増えるようになる

 

更に①と②の繰り返し…とざっくりした流れはこの流れですがこれを繰り返すことで他の人よりもお金を増やしていくゲームです。

 

これを中学生の時は訳が分からずしていましたが、今になってこのゲームの奥深さや凄さをようやく分かることができました。(15年かかりました…)

 

それはこのゲームは人生そのもので”お金持ちになる為に方法”をゲームを通じて教えてくれるものでした。

 

確かに当時でも日本の地理が詳しくなったり特産物や有名な建物とかがわかって社会の勉強になったという声はよく聞いていましたが、その時は経済の勉強にもなっていたとは気づきませんでした。

 

ゲームを人生に置き換えてみると

  1. 目的地に向かう→仕事を行い、給料をもらう
  2. 物件を購入→株や不動産などに投資をする
  3. これを繰り返す
  4. 毎年の決算→株だと配当金、不動産だと家賃収入を得る
  5. 目的地に行かなくてもお金が増える→給料を貰わなくてもお金が増える
  6. これを更に繰り返しお金を増やしていく

実際にゲームでやっていることをそのまま実現させることが出来れば自然とお金持ちに成れるということになります。

 

もちろんゲームのように資産価値が下がらなかったり、収益も減らなかったりと実際ではあり得ないこともあり一概に全てリンクしているものではないですが、大まかのやってることは同じになります。

 

そしてこのゲームのミソは目的地に行ってお金を貰うだけでは一生お金持ちになれないことです。

 

恐らくこれは実社会でも同じことが言え、給料を貰うだけではお金持ちになれないことを意味しています。

 

ここで何が言いたいかと言いますとお金持ちになる為には、毎月や毎年お金がが入ってくる投資先に投資を行いそこで得たお金で更に同じような投資先に投資を行うことで達成出来るということです。

 

このゲームで学べる投資の原理とは

f:id:otokonowadai:20200101094929p:plain

https://liberaluni.com/zeromoney1

 

まさにこの絵のようにお金になる木(投資、事業)を植えることで、今働いている企業以外からも収入を作ることが出来きます。

 

その結果複数から収入源を得ることでお金が貯まるスピードも何倍にも早くなります。

 

このゲームに関しても最初はどのプレイヤーもお金が少ないので物件を選んで買ったり量もあまり買うことが出来なかったり、お助けカードも十分に買えなかったりとゲームが進むスピードは遅くなってきます。

 

ただ、終盤になってくるとお金もある程度増えてくるので思うような物件を買えたり、お助けカードも豊富に揃えることが出来るので自分の行動の幅が大きく変わってきます。

 

お金を稼いで投資をするだけでなくこの自分の行動の幅が大きくなるという点に関しても実際の生活とも大きく重なるところです。

  

 

この本でも同じようなことを学ぶことができます。 

 

f:id:otokonowadai:20200101094623p:plain

4つのクワドラントでお金持ちになる方法 | IBカレッジ

 

この図のように従業員(E)から自営業(S)、投資家(I)、ビジネスオーナー(B)に移行することでより効率的にお金を稼ぐことが出来ます。

 

f:id:otokonowadai:20200101095312p:plain

https://liberaluni.com/gallery-earn

 その結果、お金や時間に縛られない生き方=経済的自由を達成することが出来ます。

 

経済的自由に関しては以前紹介しておりますので併せてご覧ください。

 

www.otokonowadai.com

まとめ

今回の内容として桃太郎鉄道というゲームをすることによって投資の原理を学べる理由について紹介させていただきました。

 

ゲームではお金持ちになることが目標になっていますが、人生はそれだけでなく人それぞれ様々な目標があると思います。

 

もちろん人生お金だけではないですが、その様々な目標に通じることはお金は避けては通れないことだと思うので貯金や消費、浪費にお金を回すだけでなく投資にも回すことでその目標にも近づけるのではないでしょうか。

 

ただ、その物件選びということが現実ではかなり重要になってきます。

 

不動産に関しても融資が出ない、いい物件がない、騙されるのではないかなどいざ投資をしたいと思ってもなかなか一歩が踏み出せないことはないでしょうか。

 

先行き不安なご時世ですが、その中でも何をすべきか。

 

騙されたくなかったら勉強をするし、その目標に向けて本気で達成したいならどんな手段を使ってでもその目標を達成する行動に出ると思います。

 

その為の行動として何をすべきなのかを私もよく考えて今後の目標を達成できるように頑張ります。

 

まず年内中には不労所得で月に5万円達成出来るように頑張ります。

スポンサーリンク