オトコノワダイ

オトコノワダイ〜30代男性が為になるブログ〜

30代の男性が知っておくべきワダイを発信しています。 日常で使用するものや話題になっている商品、情報を同世代の同性に向けて為になる情報を発信していきます。

【京都金杯と中山金杯】最終予想 競馬だからこそ波乱含む??


f:id:otokonowadai:20200104111312j:image

こんにちは!謹賀新年!

ハッピーニューイヤー!

新しい気持ちで競馬予想をしていきます!

昨年のトータル収支はまた今度あげていきたいと思います。

ではでは京都金杯中山金杯の最終予想をしていきます!!

と、その前にこちら↓↓


f:id:otokonowadai:20200104111828j:image

金杯馬連」とは
金杯は「馬連」がおトク!
1月5日(日曜)に実施する第69回日刊スポーツ賞中山金杯(GⅢ)および第58回スポーツニッポン京都金杯(GⅢ)の「馬連」を対象として、通常の払戻金に売上げの5%相当額を上乗せして払戻しいたします。

なお、対象レースのオッズ・払戻金の表示は、売上げの5%相当の上乗せ分を含んだ倍率・金額となりますのでご承知おきください。

http://jra.jp/keiba/kinpai-umaren/2020.html

引用元】

そうなんです!前回のレース、ホープフルsも上乗せされてましたし、JRAやるなぁ!

今回は馬連で勝負していきます!

因みに前回の出走馬情報はこちらから↓↓

 

 

www.otokonowadai.com

 

 

では最終予想をしていきます。

 

京都金杯(京都競馬場 芝1600m ハンデ戦)

データ分析

京都競馬場になってから単勝2番人気の馬が優勝しておらずハンデ線らしい難解なレースになっております。伏兵にも目をむけなくてはいけないです。ではデータ分析していきます。

内枠の馬が好成績

 

京都金杯は2018年は13頭立て、2010年は1頭出走取消があって15頭立て、それ以外の年は16頭以上で行われているが、過去10年の枠番別成績を見ると、1から4枠の成績が良好で、5枠より外の枠は苦戦傾向が見てとれる。ここ2年は6枠の馬が優勝しているが、内寄りの枠に好走馬が多いことは頭に入れておくべきデータです。

JRAより引用】

1枠から4枠が8勝しているのに対し5枠から8枠は2勝と差が大きくでていますね。

距離延長組は今一つ

過去10年の前走の距離別成績を調べると、京都金杯で3着以内に入った馬の多くは、前走が1600メートルまたは1800メートルだった。距離延長で臨んだ馬は延べ37頭が出走し、2着2回、3着3回という成績になっている。

JRAより引用】

ここは前走が1600m以上の馬を狙っていきたいですね。

 
GⅢで2から5着があった馬に要注目


過去10年の京都金杯では、「3走前までにGⅢで2から5着に入っていた」という馬が2014年を除いて連対している。ちなみに、昨年は出走馬17頭のうちこれに該当する馬が5頭いて、そのうちこのレースで単勝5番人気以内の支持を受けた2頭が1着と2着に入った。

JRAより引用】

要は前3走から重賞の好成績の馬を狙っていくことですね。

  

最終予想

 〇13.カテドラル

△3.サウンドキアラ

△8.ドーヴァー

△9.ストロングタイタン

△14.ブレイテスキング

 

買目 13から流して馬連

 

理由

今回は前を行く馬が多くハイペースになると踏んで追い込みのカテドラルを本命に。昨年のNHKマイルでは1着のアドマイヤマーズに0.1秒差の3着。ここで成長分を含めここで買わなくてはもったいない馬です。自信はあります!!

 

中山金杯中山競馬場 2000m ハンデ戦) 

データ分析

2019年の勝ち馬ウインブライトは2走後に香港でG1制覇、近年は出世レースとして注目度が高くなっています。

 

勝ち馬は5番人気以内から
過去10年の単勝人気別成績を見ると、優勝馬は全て5番人気以内で、6番人気以下の馬の勝利はないです。

ハンデ55キログラム以上の馬に注目

過去10年の出走馬について負担重量別の成績をまとめると、優勝馬10頭を含む連対馬延べ20頭中19頭はハンデが55キログラム以上でした。

前走重賞組が優勢


過去10年の出走馬について、前走のクラス別に成績を調べると、前走GⅡ組が4勝を挙げ、GⅢ組が3勝で続いています。

 

では最終予想をしていきます。

 

中山金杯最終予想

〇3 クレッシェンドラブ

△7  トリオンフ

△9 ギベオン

△17 ザダル

 

買目3から馬連流し

理由

クレッシェンドラブは前走福島記念で完勝しました。ここでも実力上位です。勝って大坂杯に弾みをつけたいところです。

 最後に

来週は私用によって予想と回顧をお休みします。申し訳ございません。そこで!一番好きな漫画のおすすめを木曜と土曜に上げますのでみなさんご期待ください!!

スポンサーリンク