オトコノワダイ

オトコノワダイ〜30代男性が為になるブログ〜

30代の男性が知っておくべきワダイを発信しています。 日常で使用するものや話題になっている商品、情報を同世代の同性に向けて為になる情報を発信していきます。

【根岸SとシルクロードS】最終予想 短距離戦は面白い!!

f:id:otokonowadai:20191110105911j:plain

こんにちはー!

今日は根岸ステークスシルクロードSの最終予想をしていきます。

どちらも短距離戦ですね!

〇〇をつけた馬が有利!!と思っています。

 

ちなみに前回の記事では今レースの出走馬情報をUPしています。

是非参考にしていただければ嬉しいです。

前回の記事はこちら↓↓

 

www.otokonowadai.com

 

それではいってまいりましょう!!の前に次回告知します。次回の競馬ブログは来週の木曜に回顧と反省、次走の重賞の出走馬情報をお届けします。

 

それではいってまいりましょう!笑

 

根岸ステークス

東京 競馬場 1400m ダート 別定 4歳以上オープン


f:id:otokonowadai:20200201121134j:image

 現在JRAで行われているダート重賞では3番目の歴史をもつレースで、優勝馬にはフェブラリーSの優先出走権が与えられる。

 コースの特徴としてはJRAダート1400mの中で唯一ダートからスタートするコース。スタート後に上りがありその後3コーナーまで緩やかに下る。4コーナー回って最後の直線は501.6メートルでダートの直線コースではJRAで最も長い。

 前半は比較的にゆっくり流れて上りが速くなることが多い。最後の直線で長く使える脚をもつ馬を探していきたい。

 

データ分析

コース適正に注目

過去10年間の3着以内馬延べ30頭中22頭は「前年以降に東京競馬場で行われたオープンクラスのレース」において4着以内に入った経験のある馬だった。なおこの経験が無かった馬は3着以内率9.3%と苦戦している。

コース適正がある馬は

3.ミッキーワイルド

4.ワンダーリテール

5.コパノキッキング

6.ワイドファラオ

7.スマートアヴァロン

15.ダノンフェイス

前走が今回より短い距離のレースだった馬は不振

過去10年の3着以内馬延べ30頭中25頭は前走の距離が1400m以上だった。一方1400m未満だった馬は3着以内率が8.6%と苦戦している。

前走が1400m未満だった馬は

1.テーオージーニアス

5.コパノキッキング

13.ヨシオ

 

割り引きが必要だ

 

前走で後方からレースを進めた馬が信頼できる

過去6年の根岸Sにおける前走の4コーナーの通過順別成績は12番手以下で通過した馬が3着以内率41.2%と優秀な成績を収めている。

現在のオッズ(土曜11.23時点)

5.コパノキッキング 2.2

3.ミッキーワイルド 4.2

11.モズアスコット 9.2

4.ワンダーリテール 11.8

6.ワイドファラオ 12.2

15.ダノンフェイス 14.0

1.テーオージーニアス 18.6

 

5.コパノキッキングが2倍を割りそうな勢いですね。オッズの旨味がないので買いません。。。笑

それでは最終予想をしていきます!!

最終予想

3.ミッキーワイルド 単勝複勝 自信度B


f:id:otokonowadai:20200201121146j:image

今回はミッキーワイルドで勝負!東京ダートではここ3戦3勝しており相性抜群。プロキオンSでは重賞を取り逃したが戦える力を持っている。ここを勝ってフェブラリーSに弾みをつけていきたい。コパノキッキングがきたらしゃーなし!!

シルクロードS

京都競馬場1200メートル ハンデ戦 4歳以上オープン


f:id:otokonowadai:20200201121155j:image

ハンデ戦だけに人気薄の馬が3着以内に入る傾向がある。

スタート直後に上り坂がある為に前半はゆったりと流れる傾向がある。後半は下りと直線は平坦なため軽快な先行力と極限の瞬発力が問われる。

データ分析

5.6歳馬が中心に成績を残している

過去10年の成績を見てみる5歳の3着以内率は28.1% 6歳の3着以内率は25.6%と成績が上位になってる。5.6歳馬からピックアップしていきたい。

 

55キロ以上の負担馬が勝利している

過去10年の優勝馬は全て負担重量が55キロ以上となっている。

 

前年の5月から10月にかけての成績に注目

過去10年のシルクロードSでは「前年に5月から10月までの間に京都競馬場のレースで10着以内に入っていた」という馬が毎年連対している。

現在のオッズ(土曜11:53時点)

1.レッドアンシェル 4.7

3.モズスーパーフレア 4.8

6.エイティーンガール 7.6

13.ディアンドル 8.8

12.ジェイフル 9.2

2.カラクレナイ 10.4

8.アウィルアウェイ 10.5

 

ハンデ戦だけにかなり拮抗していますね。上位に抜けている馬がおらず非常に難解なレースになっております。

それでは最終予想をしていきます。

最終予想

3.モズスーパーフレア 単勝複勝 自信度C


f:id:otokonowadai:20200201121230j:image

前々走のスプリンターズSでは1着馬と半馬身差の2着だった。実力は上位でいい枠に入ったのでここは勝ち負け必死。勝って高松宮記念に弾みをつけたい。オッズも旨味あり!!!

スポンサーリンク