オトコノワダイ

ミンナノワダイ〜日常生活でを豊かにするアイテムを紹介していきます〜

大学の同級生3人でブログを運営しています。普段の生活を快適に過ごすためのアイテムをブログで紹介やレビューなどを行っております。 特にスマートフォン関係(ワイヤレスイヤホン、おすすめ動画)などは力を入れておりますので是非ご興味がある方はブログまで遊びにきてください。ツイッターでも発信していきます。

【オーディオテクニカ ATH-C200BT紹介】音楽、通話におすすめ!5000円以下で購入できるおすすめワイヤレスイヤホン

f:id:otokonowadai:20200305203257j:plain

今回の内容に関しましてはオーディオテクニカのATH-C200BTの商品紹介をさせていただきます。

 

最大の特徴は音域が広く音楽を聴く際に抜けがよく通話とも非常に相性がいい点です。

 

その大きな特徴としては3点あり

  • 周囲の音も聞き易い構造
  • 連続再生時間が長く長時間の音楽再生可能
  • シリコン素材で無理なく装着出来る

特に音質には拘っており、高性能ドライバーの搭載で音域のレンジが広く、低域の音抜けを向上するベントにより低音再生も豊かなものになっております。

 

その為、音楽ジャンルに問わないですし、映画などの動画でも臨場感を味わうことが出来るので在り来たりなイヤホンでは満足出来ない方に特にお勧めです。

 

今回の記事ではオーディオテクニカの「ATH-C200BT」の特徴を踏まえて他のワイヤレスイヤホンとどの点を比べて何が優れて何が劣っているのかについても解説させていただきます。

 

この記事で得られる内容としては

  • 「ATH-C200BT」のメリット、デメリットを理解できる
  • 他と比べた際に優れている点、劣っている点がわかる
  • 次にイヤホンを選ぶ際の知識を身につけることができる

以上となっております。

 

それでは早速詳しく紹介していきます。

 

音楽や通話に最適!長時間付けっぱなしでもストレスフリー!

 

f:id:otokonowadai:20200328115204j:plain

 

メリットその1 周囲の音が聞き易いのに密封性も高いイヤホン構造 

密封性が高いとそれだけ音に集中できますが、その一方で周りの音が聞こえにくいというデメリットがあります。

 

特に移動中だと周りの音が聞こえにくいと、何かあった場合に対応が遅れてしまうのでその両立が難しいところではありましたがこのワイヤレスイヤホンは違います。

 

密封性も確保できているのにも関わらず、周囲の音も聞き易いというのが最大の特徴となっております。

 

その理由は、このようにイヤホンの構造がセミオープン構を採用しておりますのでそれが実現できております。

 

f:id:otokonowadai:20200328115833j:plain

 

このことから今まで両立が難しかった密封性と周囲の音の聞き取りやすさの両立が可能にしております。

 

メリットその2 長時間再生可能な為、電池の心配いらず

 

多くのワイヤレスイヤホンが平均連続再生時間、約4〜6時間程度ですが、このワイヤレスイヤホンは9時間再生可能となっております。

 

通勤、通学での音楽再生や通話などの日常で使用することの多い場面でも電池切れの心配をすることなく使うことが出来ます。

 

また、充電時間も3時間でフル充電可能なので夜帰ってきて寝るまでの間で治ります。

 

大体1回充電すれば1週間は保つイメージなので充電に関してはあまり気にしなくて良さそうです。

 

メリットその3 装着感が優れており、長時間使用可能

充電機能が優れていて長時間再生可能だったとしても装着感が悪ければ、その機能はそこまで重要ではありません。
 
長時間再生可能なバッテリー長時間使用可能な装着感
 
この2つが合わさって初めてメリットになります。
 
その点、このワイヤレスイヤホンはこの両方を兼ね揃えています。
 
特に長時間使用しても疲れにくいエルゴノミックデザインを採用しているので快適な装着感が続き、耳に接触する部分は薄いシリコン素材なのでフィット感が高く付け心地は最適です。
 
 
その他の特徴としてはこちらでまとめさせていただいております。
 

f:id:otokonowadai:20200328121842p:plain

 

 

購入する上で理解すべき「ATH-C200BT」のイケてない点

 

強いて挙げるとするならば

  • 待ち受け中は青色のライトが点滅し続けて夜だと目立つ
  • バッテリーが少し重く、サイズが合っていないと耳から外れ易い
  • 低音は他と比べてもそこまで期待出来ない

などが挙げられます。

 

他と比べた場合のデメリットになるので、完璧な商品はないということだけ念頭においてください。

 

ただ、デザインも6種類あるのでその中で個性は出せていけそうです。

 

オーディオテクニカ ATH-CK150BTのスペック

f:id:otokonowadai:20200328122646j:plain
 

簡単に商品のスペックを紹介をしていきます。

 

・重量:15g

 

・充電用ポート:Micro USB Type-B

 

Bluetooth規格:Ver.4.1

 

・有効接続距離:約10m

 

・連続再生時間:約9時間

 

・フル充電所要時間:約3時間

 

・対応コーデック:SBC

 

・付属品:Micro USB Type-B(約30cm)

     クリップ

 

・保証:1年間のメーカー保証

 

より詳細な情報を知りたい方はオディオテクニカ公式サイトを参照下さい。

ATH-C200BT|イヤホン|株式会社オーディオテクニカ

  

オーディオテクニカ ATH-C200BTの評価

 

f:id:otokonowadai:20200314160315j:plain

 

※評価基準:☆〜☆☆☆☆☆(1〜5個で評価)

☆:人におすすめできないレベル

☆☆:人によって気にしなければいけるレベル

☆☆☆:標準。一般的な5000円以下のワイヤレスイヤホンレベル

☆☆☆☆:一般的なレベルを上回りオススメできるレベル

☆☆☆☆☆:かなりおすすめ。5000円以下で買えるレベルではないレベル

 

音質(高音)…☆☆☆

音質(低音)…☆☆☆☆☆

デザイン…☆☆☆

連続再生…☆☆☆☆

フィット感…☆☆☆☆☆

総合評価…☆☆☆☆

 

・サイト上での評価

 

価格.comでの評価になります。

 

f:id:otokonowadai:20200328132518p:plain



 

評価の数は2人と少ないですが全体での評価は5点中4.28点となっております。

  

こちらはアマゾンでの評価になります。

 

f:id:otokonowadai:20200328132631p:plain


 

全体的な評価としては5点中3.4点という結果でした。 

 

ATH-C200BTのまとめ

f:id:otokonowadai:20200314155936j:plain

今回5000円以下で購入できるおすすめのワイヤレスイヤホンということでオーディオテクニカのATH-C200BTを紹介させていただきました。

 

特徴として音域のレンジが広いので音楽再生や通話に適しており、長時間再生可能なバッテリーと付けっぱなしでもストレスを感じない着用感を併せ持っております。

 

その為、品質と使いやすさの面において日常生活での使う分には最適なやワイヤレスイヤホンではないでしょうか。

 

スポンサーリンク